男に生まれた宿命!?割り勘する彼氏がせこいと思われてしまう理由とは?

男性からすると、デートのおごりってなんだか理不尽ですよね。

なんで彼氏側がおごらないといけないのか、割り勘ではダメなのか疑問に思っている方も少なくはないのではないでしょうか?

そこで今回は、女性が割り勘男をせこいと思う理由をご紹介します。

この理由を知れば、快く彼女におごってあげることができるかも…!

スポンサーリンク

女性の事情を理解していないから

女性は一回のデートに向けて、時間とお金をかけて身支度を整えています。

男性には理解しにくい問題でもありますが、女性は彼氏とのデートに向けて化粧品を購入したり、美容院に出掛けたりなど、男性の想像以上のお金を使っています。

そういった女性の事情を一切理解することなく、「同じデートなんだから割り勘にするのが平等」という間違った常識を振りかざしていると、せこいと思われてしまいます。

特に男性から誘ったり、男性が行き先を決めたりなど、男性主導のデートの場合には割り勘は絶対に避けるべきです。

女性は他の予定を削ってまで彼氏とのデートに時間を割き、お金を使ってくれているのですから、割り勘などとせこい真似をせずにおごることはマナーとも言えるのです。

細かいお金の行き来があるから

割り勘にすると、どうしても細かく計算していけば数円単位の端数が出てしまいます。

せっかくのデートで楽しい食事を終えた後に、余韻に浸る間も無くテーブルの上に硬貨が並んでしまっては雰囲気は台無しになり、彼女は幻滅してしまいます。

自分が10円、20円という単位のお金を真剣な表情で数える姿を俯瞰して想像してみれば、彼女がせこいと思う気持ちも分かるのではないでしょうか。

「じゃあ端数は俺が払っておくね」というのは割り勘彼氏の常套句ですが、こんな言葉に男気を感じる女性など世の中に一人たりとも存在しません。

数十円、あるいは数円というお金を払ってもらって喜ぶのはせいぜい小学校高学年までですから、大人のデートでそのような言動は相応しくありません。

スポンサーリンク

男らしさが見えないから

レストランやレジャー費用を割り勘にするという行動を取られてしまうと、彼氏から男らしさを感じることができません。

金銭的な事情があることは彼女も理解できていますが、「俺に任せろ」という気概を彼氏から感じ取りたいものなのです。

当たり前のように割り勘で計算されることも嫌ですし、彼氏の口から「割り勘」という言葉が出ること自体がマイナスポイントです。

ちょっとした金額の買い物や、毎回のデートで割り勘にばかりしていては、せこいと思われてしまっても仕方がありません。

今までのデートを割り勘で通してきたのであれば、いきなりおごりに切り替えるというのは気まずいかもしれません。

そんな場合には、彼女が席を立ったタイミングを狙って先にお会計を済ませてしまいましょう。

予想外の男らしい行動を受けて、彼女に惚れ直してもらえるはずです。

世間体を気にしていないから

デートで割り勘をしている間に、彼女が一番気にしていることは周囲にいる別のお客さんからの視線や世間体です。

自分が割り勘をしている横で、隣のカップルは当たり前のように彼氏がおごっているという状況にあれば、彼女としてはどうしても惨めな気持ちになってしまいます。

あるいは女友達との会話中、他の友達から、当然のように彼氏にご馳走になった話などを聞くというのも辛いものがあります。

傍から見て「せこい男の彼女」と見られてしまうことを、女性は最も嫌うのです。

特にレジの店員の前でお互いが財布を開いて割り勘にするということはタブー中のタブーで、御法度とも言える行動です。

デートをしている間くらいは、女性が胸を張って自慢できるような素敵な彼氏でいることを常に心がけましょう。

彼女にはおごってあげよう

大切な彼女、遊びではなく本気で付き合っているのなら、ぜひデートではおごってあげてください。

彼女からの不満も出ませんし、彼女からずっと愛されることにもつながりますよ。