これがモテLINE!好きな男性との関係を親密にするためのLINE活用法とは?

好きな男性ができたとき、ぐいぐいアピールしてしまって、引かれてしまった…そんな経験はありませんか?

それはきっと恋の駆け引きをあなたができていないから。

そこで今回は、モテるためのLINE活用術をお伝えします。

この流れに沿ってLINEを送ればきっと彼はあなたのとりこ…?

スポンサーリンク

「友達関係」という想定からスタート!

好きな男性と、せっかくLINEを交換したのに、いつも続かないのは一体どうしてなの?

相手から、友達としか思われていないから?

友達のラインを超えるにはどうしたらいいのでしょうか?

そんなお悩みの声をよく耳にします。

好きな男性とLINEを交換できたことに有頂天になり、ついつい頻繁にLINEしてしまっていませんか?

好きな男性と、早く友達以上の関係になりたいと焦る気持ちはよく分かります。

ですが、本当に相手と親密になりたいと願う気持ちが、強ければ強いほど、決して急いではいけません。

男性は、女性にあまりに積極的にアプローチされると、引いてしまう傾向にあるからです。

まず、「友達関係」という想定からスタートしましょう。

Step 1 「お疲れ様。」LINEを一週間続ける!

まずは、「友達関係」という想定からのスタートですから、一日に何度も、こちらからLINEメッセージを送ることは、相手に「しつこい。」という印象を与えかねません。

最初は控えたほうがいいでしょう。

彼のことが好きすぎて、24時間彼のことが頭から離れないという人も、じっと我慢してくださいね。

特に、朝に「おはよう。」と送ったり、夜に「おやすみ。」と送ったりするのは、一番相手が引いてしまうパターンですので、NGです。

一番好ましいのは、相手のお仕事が終わったくらいの時間に、「お疲れ様。」という内容のLINEのみを送ること。

相手から返事が来ようと来まいと、気にしてはいけません。

この状態を1週間続けてください。

スポンサーリンク

Step 2  ぱったりLINEをやめる!

一週間、「お疲れ様。」という内容のLINEを続けた後、今度は、ぱったりとLINEするのをやめてみてください。

この時、相手がどんな気持ちになるか、分かりますか?

毎日来ていたあなたからのLINEが、突然来なくなった。

そんな些細なことですが、相手はちょっぴり寂しい気持ちになるでしょう。

そして、あなたのことが気になり始めるのです。

彼は、「どうしたのかな?」「何かあったのかな?」「具合でも悪いのかな?」などと、あなたのことが気になってしかたがない状態になります。

そうなれば、しめたものです。

そして早ければ、その翌日にはほぼ確実に、相手からLINEしてくるはずです。

この時大切なのは、相手からLINEが届くまでは、絶対にこちらからLINEしないことです。

Step 3  お悩みを相談してみる!

相手からLINEが来たら、悩みを相談しましょう。

悩みの内容として一番いいのは、仕事の悩みです。

あまり複雑で、解決の難しい悩みより、相手も経験したことのあるような悩みのほうが、一緒に解決法を考えやすいからです。

そして、悩みを相談されたり、頼りにされて、嬉しくない男性はいないのです。

きっと真剣に話を聞いてくれ、親身になってアドバイスをしてくれるに違いありません。

悩みを共有し、一緒に解決しようと頑張るというシチュエーションが、一気にお互いに親密感を高めてくれます。

この時点で、自然な形でのLINEのやり取りができるようになっていると思います。

そして、お悩みを一緒に解決しようと頑張ってくれた彼を、自然な形で「お礼の食事」に誘ってください。

相手も会って話したいという気持ちが高まっているはずですから、きっと応じてくれると思います。

一緒に食事をすることにより、LINEではできなかった話がたくさんでき、お互いの共通の話題も増え、これまで知らなかった相手のことを知る機会となります。

ここまでくれば、もうすでに「友達関係」以上の関係になっているはずです。

モテる女性はやっている!

LINEはただただ何でも送れば良いというものでもありません。

モテる女性はこのように、彼の不安をあおったり、彼の自尊心を満たすことをやっているのです。

あなたもぜひ試してみてくださいね。