期待はずれは嫌だ!がっかりプロポーズを防ぐために彼に事前に伝えておきたいこととは?

なんとなく彼からもうすぐプロポーズされそうな気がする…!

素敵なレストランで夜景を見ながらという王道のプロポーズがくるかな?それとももっと素敵なプロポーズかな?

でも残念なことに、世の中には女性の夢をぶち壊しにする残念な男性もいるのです。

そうならないためにも、彼に事前に伝えておきたいことをご紹介します。

特別なことは何もなかった…

男性でよくあるのが、家でいつものように二人でいるときに、いきなり「そろそろ結婚しようか」などとさりげなくプロポーズをするパターンです。

女性からしたら正直それはプロポーズなのか、いつもの「結婚を見据えてお付き合いしている」ということを改めて伝えてくれたのかわからず、「うん。そうだね。」程度に返事してしまうこともあります。

でも、実は男性からしたらそれは立派なプロポーズだったので、プロポーズにOKをもらったと思い込み、一方で女性は「結婚をちらつかせて来るのに、プロポーズはしてくれない…」と悩みの種になることもあります。

そのまま両親顔合わせなどが行われ、女性の立場からしたら、「あれがプロポーズだったの?!」と期待はずれの結末になってしまうこともよくあるパターンです。

そうなりそうな気配を感じたら、男性側にきちんと、「ちゃんとプロポーズしてほしい」という意思を伝えるようにしましょう。

二人の出会いの場…それはいつもの飲み屋

よく、プロポーズは二人の特別な思いでの場所で…というパターンもありますよね。

出会った場所、初めてのデートの場所、お付き合いを申し込んだ場所など、様々かと思いますが、必ずしもその場所がプロポーズに向いている場所とは限りませんよね。

男性側からしたら、出会った特別な思い出のあるお店で…と思っても、そこがロマンチックさもなく、静かなムードでもないがやがやとした大衆的な居酒屋であったらどうでしょう。

いくら大切な思い出の場所といっても、プロポーズとしてはまた別で、どうしても期待はずれな印象を持ってしまいますよね。

でも男性は意外とそういうところには気が回らず、二人の出会ったころを思い出しながら、プロポーズをしたいという気持ちが先行してしまうのです。