こんなLINEを送ってない?彼氏が返事する気になれないLINE4パターンとは?

彼氏にLINEを送っているのに、既読無視や未読無視。

私は彼女なのに、なんて返信くれないの?と怒ってしまう気持ちも分かりますが、ケンカをする前に、一度あなたのLINEを見直してみましょう。

もしかして、彼氏が返事しにくいLINEを送ってはいませんか?

スポンサーリンク

スタンプの使い時はLINEを終える時

彼氏がLINEを続けない理由にスタンプの使い方があります。

スタンプは絵も入るということで、言葉にプラスして気持ちの印象も与えることができて女性はよくスタンプを使いたがりますが、男性にとってスタンプはあまり意味を成していません。

元々女性ほど男性は喋らないので、ラインの最中に彼女からスタンプが出てきたら、「もう会話の終わりかな」という印象を持ち、これ以上返信をしようとは思わなくなります。

ですので、彼氏とのラインの時はむやみにスタンプを多用するのはやめた方が懸命と言えるでしょう。

それよりも短い言葉で文字にした方が会話が続きやすいと言えます。

使い方によっては会話が途切れないときもありますが、基本的にスタンプは〆の一言という風にとらえておきましょう。

長文を送ると彼は疲れてしまう

彼氏がLINEを返信しないパターンとして、長文の返信はめんどくさいというのがあります。

元々文字を打たなければならないので、時間がかかるものです。

一言二言であればすぐに返信しようともなりますが、来たLINEの文章が長いと返信する意欲を失ってしまいます。

元々会話のようにメッセージをやりとりできるチャットのようなものなので、長い文章は見た瞬間に「後でいいや」となり、そのうち忘れてしまうという結果にもなる可能性もあります。

昔のメールと違って気軽にできるのがLINEの特徴とも言えるので、なるべく長文は無しにして、少しずつ会話しながら伝えていくという気持ちでやりとりをしましょう。

そうすればすぐにでも返信が来る率も上がるでしょう。

スポンサーリンク

愚痴が多いLINEは好まれない

人ならみんなそうだと思いますが、人の愚痴を聞き続けることはかなり苦痛であります。

それはLINEでも一緒で、上司や友達の愚痴などを何回も出されてしまうと嫌気すら出てきてしまいます。

もちろん多少は聞いてくれると思いますので、必ず愚痴は良くないと言うわけではありませんが、あまりにしつこい愚痴は止めましょう。

愚痴を話し出した方は、自分が悪くないという気持ちでいますので、愚痴を聞いてもらってる方の気持ちを考えることが難しくなります。

聞いている方からすれば苦痛すら越えてあなたに対して苛立ちを覚えてしまうかもしれません。

嫌なことがあっても少し相談したいなどというニュアンスで持ちかけて、一方的な愚痴りは控えましょう。

どうでもいい話は返事に困る

これも人によってはLINEの返信をしようとは思わないパターンとして、意味のないことを送ってくるということがあります。

例えば朝の「おはよー」などは最初はかわいいと思いますが、毎日続くとだんだんどうでもよくなってきます。

さらに、「今日のお昼はチャーハンを食べた」など、ただの報告のようなメッセージは「ふーん」としか思いません。

いちいち言うことでもないというLINEが続けば、そのうち返信することも億劫になってきて、普段のLINEは続かなくなります。

今はブログもあって、日記を見せるということが普通となってきていますが、個々のやり取りのなかでの日常の些細な報告は単にウザいと思われてしまいます。

ランチの報告でも、本当に美味しくて感動したお店というようなものであれば、彼も気になって返信がしやすいでしょう。

彼氏が返信しやすい内容を心がけよう!

彼氏からの返事が欲しければ、彼氏が返事をしやすい内容を送ることが大切です。

例えば文末を「?」で終わらせるなどの、質問文です。

それでもLINEは所詮連絡ツールなので、基本的には会っている間に2人の仲を深めましょう。