好きな女性からの返信が遅い…LINEが続かないのは脈なしってこと!?

好きな女性はLINEを返してくれるけど、いつも返信が遅い。

もしかして嫌々返信しているのかと不安に思ってしまいますよね。

でもLINEの返信が遅いからと言って、脈無しかといえば、そうではないこともあります。

そこで今回は、LINEのやり取りのパターン別に、脈ありか脈なしか判断基準をお教えします。

スポンサーリンク

LINEをしないタイプの人もいる

コミュニケーションを取る方法として、LINEを利用しない女性も数多く存在します。

したがって、女性とLINEが続かないからといって脈なしと判断してしまうのは勿体無いことです。

仲良くしたいと思ってくれていたとしても、仕事や他のプライベートの都合などでメッセージのやり取りを続けられないというのもよくあるパターンです。

そもそもネットを通じた文字でのコミュニケーションのやり取りに否定的な女性や、LINEを面倒に感じるタイプの女性は、恋人や家族とのやり取りでも基本的にLINEでのメッセージ交換をしません。

このように、LINEが続かない理由は好意を持たれていないからとは限りませんから、この段階では脈なしと判断すべきではありません。

毎日やり取りができるなら脈あり

例え数通のLINEで途切れてしまいメッセージのやり取りが長く続かない場合でも、毎日やり取りができているのであれば脈ありです。

女性としても限られた時間を使ってメッセージのやり取りをしていますから、一切興味のない男性に対してはほんの少しの時間だとしても裂こうとはしません。

興味がない男性と毎日LINEのやり取りをするということは、はっきり言えば女性にとっては苦痛ですから、毎日LINEができているという段階で少なくとも脈なしというわけではありません。

LINEの内容は特に何でも構いませんから、まずは毎日LINEを続けられる関係になるということが先決です。

あなたとのLINEが女性にとっての生活習慣の一部にまでなれば、自然と距離は縮まっていきます。

スポンサーリンク

恋愛要素の話で途切れたら脈なし

それまで普通にLINEが続いていたにも関わらず、恋愛の要素の話題になった途端に途切れてしまったり、話が続かないという場合は、残念ながら現段階では脈なしと判断すべきです。

例えば「今度遊びに行こうよ」や「暇な日ある?」といった質問をしたところで、急にうやむやにされてしまったり、そこでLINEが終わってしまうというケースです。

女性としては、いくらLINEであったとしてもデートの誘いに対して直接断るということは普通はしにくいため、「察してくれ」という思いを込めてLINEを切り上げるという行動に出る事が非常に多いのです。

こういった形でLINEが続かないことが多いという場合には、現時点ではそのままアタックし続けても余計に嫌われてしまう可能性が高いので、一度撤退して次のチャンスをうかがうようにしましょう。

短い返事が続いた末に途切れたら脈なし

LINEでのメッセージに対して「そうなんだ」「ふーん」「うん」などの短文でしか返事が届かず、最終的にLINEが途切れてしまって続かないというケースは脈なしと判断しましょう。

このような返事を送っている女性の心理状態は最悪であり、「あなたとちゃんと話す気は無い」という明確な意思表示であると考えられます。

既読スルー、あるいは未読スルーをすることで冷たいという印象を持たれたく無いという感情から、一応数通のLINEには返答をしてくれている状態ではありますが、「もう送ってきてほしくない」というのが女性の本音で、あなたが自然に諦めるのを待っています。

女性の対応が明らかに冷たいと感じる場合には、スッパリと諦めるか、LINE以外での違った形でのアプローチを行わない限り、恋愛対象として見てもらうことはできません。

あまりLINEに頼らないこと!

LINEは便利な連絡ツールですが、あまりLINEに頼るのもよくありません。

LINEの返事が返ってきたくらいで一喜一憂しているくらいなら、思い切ってデートに誘ってみましょう。

その結果で脈ありか脈なしかも判断できますよ。