全然喋ってくれない…好きな女性がデートで無言になってしまうのはどんな心理状況?

デートで続く無言の時間。

長年付き合ったカップルならそんな沈黙も気にならないかもしれませんが、まだ付き合っても内状態だと、かなり暗い雰囲気になってしまいますよね。

彼女はどうしてあなたと喋ってくれないのか?

もしかしたらその原因はあなたにあるのかもしれません。

スポンサーリンク

あなたの話がとにかくつまらない

女性がデート中に無言になってしまう心理には、つまらないと感じています。

デートにわざわざ来るのですから、そこまでは楽しみたいと張り切るわけです。

どんな会話をして、どんな所に行って楽しもうかと考えています。

でも、デートをしてみたら、ちっとも会話がかみ合わないし、あなたばかり話してしまう。

女性が考えてきた話をする機会もなく、一方的にあなたばかりが楽しむからつまらない。

行く所も自分1人で決めちゃうし。

「こんなんじゃ来るんじゃなかった」と内心はもうイライラ。

話す気力も無くし、無言になってしまうのです。

なのに、そんな女性の気持ちにも気付かず、いつまでも自分勝手な行動は、もうお付き合いもしたくないと思わせてしまいます。

もっと女性の表情を見て、楽しんでいるかをチェックしましょう。

フィーリングが合わないから話したくない

なんだかフィーリングが合わないなと思うと、デートで無言となってしまうのです。

女性の心理としては、話す内容もいまいち合わないと、話したいという意欲がなくなります。

スポーツの話をしているというのに、食べ物の話をしてくる。

好きな映画の話をしているのに、音楽の話になってしまう。

スポーツの話でもテニスの話をしているというのに、サッカーの話をされてはまったく合いません。

次第に女性が無言になり、帰りたくもなってしまう。

もう少し女性が話す話題に共感する、話を合わせることが必要なのですが、できない。

こういった男性といると、女性は不安な気持ちになるんです。

笑うところで笑わない、驚くところでリアクションがないのもダメですね。

話す気力も無くなります。

女性の心理というものは、ちょっとしたズレによって傷つく、繊細なものなのです。

スポンサーリンク

ちっとも自分に目を向けないからイラッとする

愛情が感じられないのも、デートをしていて女性が無言になってしまうところです。

確かにペットの話や趣味の話をしてくれるのですが、どうも恋愛の話はしてくれない。

もう少し目の前にいる女性のことを「笑顔が素敵だね」とか、「そのピアス似合ってるよ」と言ってもらいたいのです。

褒めるということが愛情表現の一つでもあるのですが、どうしても言ってくれない。

これでは女性も積極的にデートでお話をして男性を楽しませたいとは思えなくなってしまうのです。

「あれっ?これってデートだよね。お互いに愛情を深めるために会ってるんだよね?」と分からなくなってしまう。

好きという感情があるのなら、もっと自分のことを見てほしい。

なのに、店だの人だの違うものばかり見る。

こんなでは、まったくその男性と恋愛がしたいと思えなくなり、無言になってしまうわけです。

元カノの話をされてムカっとする

過去に付き合った女性のことばかり話していると、女性がデートで無言になります。

この時の女性の心理としては、「なんでこんな時に前の彼女の話をするの?」とムカついています。

私との関係を深めるためにデートをしているのだろうと思っているのですが、嫉妬させたいのかな?それともジラしたいのかな?とイライラしてしまうのです。

楽しいはずのデートも台無し。

こんな心のない男性と話しても無駄と思ってしまい、無言になるのです。

また、「俺ってこんな女性が好みなんだ」とまるで自分と違う女性の好みを言う時は絶句。

「はっ?じゃあデートしてる私ってなんなの?」とイライラしてしまう。

目の前を通り過ぎる女性に目線をとられ、いつまでも後姿を追っているのもますますイライラっとさせるのです。

恋愛感情も冷め、言葉も出なくなるわけです。

言動には注意!

元カノの話をしたり、彼女の意見をさえぎってしまったり、当てはまるものはありませんか?

デートはお互いをよく知って愛情を深めていくもの。

自分が話したい話題ではなく、彼女のことを考えた発言をしましょう。