全然喋ってくれない…好きな女性がデートで無言になってしまうのはどんな心理状況?

デートで続く無言の時間。

長年付き合ったカップルならそんな沈黙も気にならないかもしれませんが、まだ付き合っても内状態だと、かなり暗い雰囲気になってしまいますよね。

彼女はどうしてあなたと喋ってくれないのか?

もしかしたらその原因はあなたにあるのかもしれません。

あなたの話がとにかくつまらない

女性がデート中に無言になってしまう心理には、つまらないと感じています。

デートにわざわざ来るのですから、そこまでは楽しみたいと張り切るわけです。

どんな会話をして、どんな所に行って楽しもうかと考えています。

でも、デートをしてみたら、ちっとも会話がかみ合わないし、あなたばかり話してしまう。

女性が考えてきた話をする機会もなく、一方的にあなたばかりが楽しむからつまらない。

行く所も自分1人で決めちゃうし。

「こんなんじゃ来るんじゃなかった」と内心はもうイライラ。

話す気力も無くし、無言になってしまうのです。

なのに、そんな女性の気持ちにも気付かず、いつまでも自分勝手な行動は、もうお付き合いもしたくないと思わせてしまいます。

もっと女性の表情を見て、楽しんでいるかをチェックしましょう。

フィーリングが合わないから話したくない

なんだかフィーリングが合わないなと思うと、デートで無言となってしまうのです。

女性の心理としては、話す内容もいまいち合わないと、話したいという意欲がなくなります。

スポーツの話をしているというのに、食べ物の話をしてくる。

好きな映画の話をしているのに、音楽の話になってしまう。

スポーツの話でもテニスの話をしているというのに、サッカーの話をされてはまったく合いません。

次第に女性が無言になり、帰りたくもなってしまう。

もう少し女性が話す話題に共感する、話を合わせることが必要なのですが、できない。

こういった男性といると、女性は不安な気持ちになるんです。

笑うところで笑わない、驚くところでリアクションがないのもダメですね。

話す気力も無くなります。