デートの沈黙中に男性はどんなことを考えているのか?4種類の心理を大公開!

デート中に訪れる沈黙の時間。

私と話すのに飽きてしまった?何か違うことを考えているの?

沈黙が長く続くと、少し不安になってしまいますよね。

そこで今回は、デート中の沈黙の時間に彼が考えていることをご紹介します。

あなたの心配は不要かも…?

「何か話さないと」と話題を探して焦っている

デートの最中にふと訪れる沈黙の時間に男性が抱く心理で多いのが、「焦り」です。

これは特に、交際したてで、お互いに遠慮があるケースや、女性経験の少ない男性にありがちなのですが、「何か話さないと」という焦りを感じてしまうことが少なくありません。

「沈黙が怖い」という心理を抱き、「なんとかしなければ」と焦ってしまうわけですが、焦れば焦るほど、ますます話題が思いつかなくなるもの。

そのため、どうしても沈黙の時間が長くなってしまい、あなたが口を開かない限り、沈黙が解消されないということになってしまうのです。

沈黙の時間を怖れる男性は、ですから、デートの前に「デート中に彼女に話す話題」を考えておくことが少なくありません。

時にはそれをメモしておくこともありますが、いずれにしても、考えていた話題が尽きてしまうと、沈黙の時間が訪れます。

すぐに新しい話題を思いつくことができないため、それで、焦ってしまうわけです。

頭の中で次に話すことの内容をまとめている

すでに次に話そうとしている話題は決まっているのに、沈黙しているというケースもあります。

女性の多くは、話しながら話を整理し、まとめ、話を展開させて行くことができます。

女性に話し上手な人が多いのは、そうしたテクニックを身に着けているからと言っていいでしょう。

それに対し、男性は、話すべき内容を一度頭の中で整理してから出でないと、話し出せないというケースが少なくありません。

特に、口下手で、慎重なタイプの男性は、いきなり話だして、話を進めながら内容を整理するということができないのです。

特にデート中は、目の前にいるあなたのことを強く意識するため、いつもよりさらに慎重になるケースもあります。

この場合は、次の話題は決まっているため、焦りのような心理は特に抱いていません。