デートで割り勘だった場合は脈なし?割り勘する男性の心理とは?

デートを快くOKしてくれたのに、いざ会計となると割り勘を要求された…

私にはお金を払う価値がないってこと?私はただの友達なの?

特に男性が社会人だった場合は、不安になってしまいますよね。

でもデートで割り勘する男性の全員が脈なしであるかといえば、そうではありません。

そこで今回は、デートで割り勘する男性の心理をご紹介します。

男性がケチなだけの可能性

デートで男性から割り勘を求められてしまったからといって、一概に脈なしとは言えません。

あなたに対して好意を寄せている男性であったとしても、その人がケチだった場合には、そもそも初めから「おごる」という選択肢を持っていません。

そういった男性とのデートでは脈あり・脈なしとは無関係に割り勘が基本となりますから、おごってもらえなかったとしても脈なしとは言い切れません。

ですから、そういったタイプの男性が脈なしかどうかを判断する際には、男性が選んでくれたお店から判断していきましょう。

雰囲気が良く、デート向きのお店を選んでくれたのであれば脈ありと考えて問題ありません。

反対にデートには不向きな騒々しい居酒屋タイプのお店を選択していたということであれば、現時点では友人の一人として扱われていると考えることが自然です。

払いたくても払えないこともある

デート相手の男性に金銭的な事情があり、おごりたくてもおごれないという状況で、仕方なく割り勘をしているというパターンもあります。

割り勘した金額よりも若干多い金額を払う意思を見せ、なおかつ申し訳なさそうな態度を取っている男性であれば、そのような可能性が強いと判断できます。

男性の真意を見出すためには、とにかく何度かのデートを重ねる以外にはありません。

男性に金銭的な余裕がある日であれば、前回とは打って変わって男気よく支払いを済ませてくれるかもしれません。

反対に、何度デートを重ねても全くおごってくれないという場合や、ジュースやアイスのような安い物もおごってくれないという場合は、残念ながら脈なしと考えましょう。