学生のデートで割り勘はOK?割り勘に対する女子の本音とは?

デートではかっこよくおごってあげたい!と思っても、お小遣いをもらっている立場だったり、アルバイトしていても出費が多かったりと、デート費用に苦しむ場合もありますよね。

でもあなたも彼女も学生なのであれば、無理しておごる必要はないのかもしれません。

そこで今回は、学生同士のデート費用の割り勘について、女子の本音をご紹介します。

スポンサーリンク

学生同士なら割り勘が普通

お互い学生同士で対等な関係なのであれば、どちらかといえば「おごる」というほうが特殊であり、割り勘でデートすることが普通です。

女性としても金銭事情について理解してくれていますから、割り勘でデートしたとしても不満を持たれることはありませんし、違和感を感じられることもありません。

むしろ割り切って、お金がかからないデートコースについて二人で考えたり、安くて美味しいご飯が食べられるレストランを探して遊んでみてはいかがでしょうか。

将来仕事に就いて金銭的な余裕を持った時に、そういった節約デートの思い出話を楽しくできる日が必ず来るはずです。

お金を思うように使えないという状況を逆手に取り、割り勘でお互いにデートを楽しむ方法を考えることもまた一つの青春の形です。

無理すると長続きできない

金銭的に苦しいにも関わらず無理をしてしまい、割り勘にしようと言い出せずにおごってしまう人は学生男子に意外と多いものです。

しかしそのような無理を続けてしまっていては、いずれ必ず限界が訪れてしまいます。

お金の事情について彼女がよく知らない場合には、お金が底を尽きて急に節約体制に入った際に「嫌われてしまったかな」と疑心暗鬼になってしまいます。

また、男性自身としてもお金がどんどん減っていくという現実に耐え切れなくなり、デートそのものに消極的になってしまう場合もあります。

せっかく良好な関係を築けたにも関わらず、お金が理由で疎遠になってしまっては台無しですよね。

学生の恋愛では決して無理をすることなく、割り勘にして現実的なデートを行うべきです。

スポンサーリンク

初デートではおごるべき

学生のデートでは割り勘が基本ですが、初デートの場合は例外であり、男性がおごるか、最低でも女性より少しでも多めの金額を支払いましょう。

初デートはあなたにとってだけでなく、女性にとっても非常に重要なもので、あなたがどういった人間なのかという第一印象を決定付ける大切なイベントです。

ここで女性に対して好意を持っているということが相手に伝われば、自ずと女性もあなたのことを恋愛対象にできるか・できないかという視点で見るようになります。

そのようなタイミングで割り勘にしてしまうことは致命傷と言えます。

もちろん女性が拒んだ場合にはおごりで押し通す必要はありませんが、初デートでは必ずおごる意思を見せたり、女性より少しでも多くのお金を払うようにしましょう。

記念日には手頃なものをおごろう

普段のデートでは割り勘を通して構いませんが、何らかの記念日の際には必ずおごるようにしましょう。

例えば女性の誕生日のレストランのお勘定まで割り勘にしてしまっては、せっかくの楽しい気分を台無しにしてしまいます。

二人が出会った記念日や、交際を開始した記念日などをしっかりと覚えておき、そのタイミングでのデートでは必ず感謝の気持ちを込めて女性におごってあげてください。

普段割り勘にしているぶん、その日のデートに特別感を生み出すこともできるので、ここぞというところでおごれば二人の絆をさらに深めることができます。

背伸びしすぎて無理な金額をおごる必要はありませんから、無理なくできる範囲で気持ちを伝えるようにしてみましょう。

無理せずに楽しく付き合おう!

お金に関して無理をしてしまうと長続きしません。

彼女とのデート費用をまかなうためにアルバイトして会う時間が減ってしまっては二の舞ですよね。

節約プランを考えるなど、無理のない範囲で楽しく付き合いましょう。