愛され彼女はやっている!デートで男性のプライドを傷付けずに割り勘したお金を渡す方法

デートで割り勘をしようと思っても、男性のプライドを傷付けてしまわないかと不安に思いますよね。

しかし、いつもおごってもらっていては、彼に申し訳ないと思う気持ちも分かります。

そこで今回は、男性のプライドを傷付けないようなお金の渡し方をご紹介します。

目指せ愛され彼女!頑張りましょう!

スポンサーリンク

店員さんのいない場所で渡すのが基本

レジ前やテーブル会計の際に、店員さんの前でお金の支払い方について話し合おうとする女性がいますが、これはNGです。

おごることを当然のように考えている男性の場合、第三者の目の前で「払う」「払わせない」で揉めるということは絶対に避けたいことです。

自意識過剰気味な話ではありますが、そのような男性は周囲から「この人、女にお金を払わせようとしてるよ」と思われているのではないか、と考える傾向にあります。

男性に恥をかかせずに割り勘をしたいという場合には、なるべく店員さんや他のお客さんに話を聞かれない場所で提案しましょう。

デートの際のお金の渡し方としては、まずは男性がお金を渡されることを拒みにくい場所を選ぶことが重要です。

「この方が気を遣わないから」と伝える

デートでのお金の渡し方では、言葉の使い方にも配慮する必要があります。

「いや、私の分は払うから」「そんなことしなくていい」というような言い方をしてしまうと、男性を傷付けたり、不機嫌にさせてしまう恐れがあります。

まずはおごってくれるという姿勢を見せたことへの感謝の気持ちを伝え、その上で男性がお金を受け取りやすい言葉を使えるとスマートです。

こういったケースでは、「この方が気を遣わなくて済むから受け取ってほしい」や「おごってもらっちゃうと次回遊びにくくなっちゃう」という言葉がオススメです。

嫌悪感を感じさせることなく、お互いに楽な気持でデートをしたいという思いを伝えることができ、男性を傷付けることがありません。

スポンサーリンク

少なめに支払うという手もある

きっちりとした割り勘ではなく、少なめの金額を支払うということも、デートにおける賢いお金の渡し方です。

正確に割り勘をすると数十円、あるいは数円単位の計算になってしまう場合がほとんどで、そうなってしまっては男性としても億劫に感じてしまいます。

また、細かいお金まで計算されるということに対して、「この人は俺に全然心を許していないんだな」と傷付けさせてしまう場合もあります。

そのため、実際に割り勘するよりも少ない金額を渡してみてはいかがでしょうか。

例えば男性が1万円を支払ったのであれば、「じゃあお酒代くらいは出させて」と2~3千円を渡してみましょう。

そうすれば男性の負担を減らすことができますし、金額差を付けることで男性を立てられているため、プライドを傷付ける恐れもありません。

お金を渡す代わりにプレゼントをする

どうしてもデートのお金を渡すことができなかったという場合には、後日何らかのプレゼントをすることで対等な関係を維持することができます。

「この間はありがとう、ささやかだけど感謝の気持ちです」というような言葉やメモを添えると、お金の渡し方として非常にスマートです。

ただし、この際にはデートで男性が支払った金額と同等や、それ以上の金額になるようなプレゼントは避けましょう。

現金ではないにせよ、支払った金額と同等以上の品物が反してしまうことは、男性に対して無神経な行動と言えます。

多くても割り勘した際に支払うはずだった金額か、それ以下のプレゼントをすることが大切です。

このような場合では金額の問題ではなく、気持ちの問題になってきますから、感謝の気持ちが伝わるプレゼントを用意できればそれで良いのです。

男性のプライドを立ててあげること!

せっかくデートでのいい雰囲気を、お金に関する問題で台無しにしたくはありませんよね。

スマートに男性を立ててあげながらも、あなたなりの誠意を伝えましょう。