どれくらい待てば良い?デートで手をつないだあとキスするまでにかかる期間

付き合い始めた彼女ともっと親密になりたい…

その気持ちの先にあるのはキスですよね。

手をつなげるようになったのなら、キスまではきっともうすぐ。

今回は、手をつないでからキスするまでにかかる期間についてお話します。

スポンサーリンク

急ぎすぎると体目当てと思われる

男性にとって、デートで手をつなぐという行動に打って出ることは勇気が必要なものですから、成功して浮かれてしまうことは当然です。

しかしこの段階で「受け入れてくれた!」と思い込んでしまい、あまりにもキスを急いでしまうと、体目当てなのではないかという誤解を招いてしまいます。

手をつなぐという行動は男女の仲としては非常に軽い部類に入るものですし、この時点ではまだあなたの「様子見」をしている女性は意外にも多いのです。

せっかく手をつなぐことに成功したのであれば、先を急ぎすぎて台無しにしてしまうよりも、ここは冷静になって紳士的な姿勢を貫きましょう。

手をつないで良い雰囲気になったとしても、その場で一気にキスまで迫ることはかなりリスキーです。

軽いキスなら当日中でも構わない

一瞬ではなく、その日のデートを手をつないだまま過ごし切ることができたら、第一段階はクリアしたと考えて結構です。

それなりに長い時間手をつなぎ続けていれば、女性としてもどこかで冷静になるタイミングは発生し、「やっぱりこの人じゃない」と思ったら手を離されてしまいます。

別れ際まで手をつないだままでデートできたのであれば、女性はあなたを受け入れる覚悟ができていると判断することができます。

デートの最後に感謝の言葉を告げ、そのまま頬や手の甲に軽くキスをしてみましょう。

あなたにとっては物足りないかもしれませんし、キザに感じるかもしれませんが、そのまま颯爽と去れば、女性は次回のデートに向けてさらに盛り上がります。

スポンサーリンク

次のデートでも手を繋げたらキスOK

初めて手をつないだ次のデートでも自然に手をつなぐことができたら、その日のうちにキスまで発展させることを考えてください。

手をつなぐことがもはや当たり前という関係性になれたのであれば、その次の段階に進まないということは停滞を意味します。

恋愛を進展させるためには更に勇気が必要となりますが、思い切ってキスをするためのデートプランに変更してしまっても問題ありません。

夜景の綺麗な場所に移動したり、人があまりいない場所を歩いたりして、二人にとって初めてのキスとして相応しい、思い出に残る場所を探してみましょう。

適当な場所を選んで欲望のままにキスをするよりも、しっかりと場所を選ぶことによって、純粋な気持ちを伝えることができます。

時間をかけ過ぎると失敗してしまう

手をつないでからキスをするまでの間に時間をかけ過ぎてしまうと、恋愛そのものが失敗に終わってしまう可能性が高まるので要注意です。

何度手をつないでもキスを仕掛けてくれないとなると、「意気地なし」と思われたり、「男らしさの無い人」と感じられてしまいます。

デートの度に手をつなぐことを許している女性の立場からすれば、次の段階へと進んでくれないことがストレスになる場合もあるのです。

上手くいきかけていた恋愛を台無しにしてしまわないためにも、初めて手をつないだデートから数えて、遅くても3回目のデートまでの間にはキスを迫りましょう。

その間のデートでも手をつなぐことに応じてくれているのであれば、キスを拒まれる可能性はほとんどありません。

雰囲気やタイミングを重視して!

2人にとって始めてのキスとなるわけですから、シチュエーションや雰囲気を重視して、焦らずにキスしたいものですね。

絶対に今日するんだ!と気負わずに、タイミングがあればキスしよう…と紳士的な態度で接してあげましょう。