おごってもらうのはOK?彼女にデートでお金を出させてもいいのはどんな時?

彼女から「今日は私がおごってあげる!」と言われても、気持ちは嬉しいですが、男としておごってもらうのはどうなのか、と少し迷ってしまいますよね。

そこで今回は、彼女にデート費用をおごってもらってもいい時とはどんな時なのかご紹介します。

デートの出費を考える際の参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

出したい時にはおごってもらうのも…

彼女にデートでお金を出させてもいいのは、「出したい」と言ってきた時です。

彼女が年下であまり貯金もない20代の前半から半ばの場合は、デートの度におごっていては負担がかかります。

それをあなたが分かっているのに「俺、今日お金ないんだ。おごって」と言うのは可哀想です。

あなたに嫌われたくないという気持ちから「無理だよ」と断り難いところがありますから、そこも考えてあげましょう。

やはり年下の彼女には、率先しておごってあげましょう。

でも、ボーナスが入った時や金銭的に余裕がある時には、「おごりたいの」と言ってくれた好意を無駄にしないようにするのがマナーです。

「ありがとう」と感謝の言葉を伝えるか、いつもよりも熱い抱擁やキスでお返しをしてあげましょう。

年上や金銭的に余裕があるならOK

年上の彼女で金銭的に余裕があるのなら、デートの時にお金を出させてもいいでしょう。

30代、40代にもなりますと、長く働いている女性は金銭的にも余裕が生まれます。

貯金もそれなりに貯まりますから、年下の彼氏におごってあげてもいいかなと思う人も多いのです。

そういった人は「おごるわ」と会計の時にサッと自分から2人分のお金を払ってくれます。

それをわざわざ「いいから」と止めてしまっては、逆に年上彼女の気分を悪くしてしまいます。

また、20代でも金銭的に余裕があれば、男性よりも先にお会計を済ませてくれます。

そういった人には甘えましょう。

おごるのが好き、嬉しいと思うのですから。

おごってもらったら「好きだよ」と愛の言葉で楽しませてあげましょう。

スポンサーリンク

誕生日や記念日などの特別な日ならOK

普通にお給料を貰う、普通の見た目の彼女とデートをする時には、特別な日にだけお金を出させてあげましょう。

男性よりも明らかにお給料が低く、普通の暮らしをしている彼女は、無理をして彼氏に「おごるわ」と言っているところがあります。

毎度、毎度、デートの時におごってもらっているのが悪いなと思うから、言うわけです。

でも、そんな時には「いいんだ、特別な日におごってよ」と言ってあげるといいのです。

特別な日とは彼氏の誕生日であったり、二人の出会った日であったりです。

年に数回の、より思い出に残る日に彼女がおごってくれたなら、とても心に残るから。

お互いに楽しい気持ちになり、ますます愛情深い付き合いが出来るのです。

年に2,3度なら、彼女にも負担がかかりませんね。

交互におごってあげよう

彼女がデートの時に「悪いからおごるわ」と言ってくるのなら、「今日はおごるから、次におごってよ」と言ってみましょう。

どうも心優しく、遠慮しがちな彼女というのは、おごられることを「悪いな」と思ってしまうところがあります。

快くおごられても、どうも気持ちがスッキリしない。

そんな彼女なら、次のデートの時にはおごってもらいましょう。

交互におごる、おごられるという形にすれば、こういった彼女はまるで割り勘をしているような気分になり、スッキリするのです。

どうしても「今日、おごりたいの」と言うのなら、「ありがとう」と言っておごってもらいましょう。

こういった彼女は、あまり断るのも関係が悪くなることがあるので要注意。

彼氏だからとお金が金欠な時に無理におごれば、次のデートに楽しいデートが出来ないですしね。

無理におごってあげる必要はない!

男だからと言って、あなたが毎回おごってあげる必要はありません。

たまには彼女の好意を素直に受け止めるのも、いいかもしれませんね。