おごってもらうのはOK?彼女にデートでお金を出させてもいいのはどんな時?

彼女から「今日は私がおごってあげる!」と言われても、気持ちは嬉しいですが、男としておごってもらうのはどうなのか、と少し迷ってしまいますよね。

そこで今回は、彼女にデート費用をおごってもらってもいい時とはどんな時なのかご紹介します。

デートの出費を考える際の参考にしてくださいね。

出したい時にはおごってもらうのも…

彼女にデートでお金を出させてもいいのは、「出したい」と言ってきた時です。

彼女が年下であまり貯金もない20代の前半から半ばの場合は、デートの度におごっていては負担がかかります。

それをあなたが分かっているのに「俺、今日お金ないんだ。おごって」と言うのは可哀想です。

あなたに嫌われたくないという気持ちから「無理だよ」と断り難いところがありますから、そこも考えてあげましょう。

やはり年下の彼女には、率先しておごってあげましょう。

でも、ボーナスが入った時や金銭的に余裕がある時には、「おごりたいの」と言ってくれた好意を無駄にしないようにするのがマナーです。

「ありがとう」と感謝の言葉を伝えるか、いつもよりも熱い抱擁やキスでお返しをしてあげましょう。

年上や金銭的に余裕があるならOK

年上の彼女で金銭的に余裕があるのなら、デートの時にお金を出させてもいいでしょう。

30代、40代にもなりますと、長く働いている女性は金銭的にも余裕が生まれます。

貯金もそれなりに貯まりますから、年下の彼氏におごってあげてもいいかなと思う人も多いのです。

そういった人は「おごるわ」と会計の時にサッと自分から2人分のお金を払ってくれます。

それをわざわざ「いいから」と止めてしまっては、逆に年上彼女の気分を悪くしてしまいます。

また、20代でも金銭的に余裕があれば、男性よりも先にお会計を済ませてくれます。

そういった人には甘えましょう。

おごるのが好き、嬉しいと思うのですから。

おごってもらったら「好きだよ」と愛の言葉で楽しませてあげましょう。