男らしさの見せ所かも!?好きな女性とのデートでおごるのは当たり前?

デートはおごりなのか割り勘なのかは良く議論になりますよね。

お金が有り余っているのならそれはもちろんおごってあげたいところではありますが、実際そんなに余裕のある人はごくわずか。

正直、デートで数万円の出費は痛いですよね。

でもほとんどの女性は、デートで男性からおごられるのが当たり前だと思っているのです。

スポンサーリンク

女性から見ておごるのは当たり前

一般論として、女性から見ればデートで男性がおごるということは当たり前です。

「割り勘でいいよ」というような発言を女性がした場合もそれは建前であり、心の内では「支払ってほしい」と思っている場合がほとんどです。

また、割り勘という提案に妥協案として「じゃあ俺が少し多めに払うね」と言う男性がたまにいますが、これは逆効果です。

こういった場合に、女性が「少しでも多く払ってくれるなんてステキ!」などと思うことはまず無いと思ってください。

「そんな中途半端なことは言わずに、出すなら全部出してよ」と思われるのが関の山で、この提案が女性の好印象を引き出すことはありません。

あくまでもデートで男性がおごることは当たり前だと考え、むしろ如何にしてスマートに支払うかということに頭を使ってください。

女性には「維持費」がかかる

男性にはなかなか分からないことではありますが、女性は美しさを保ち、美しさに磨きをかけるために、毎月多くの費用をかけています。

百貨店の化粧品売り場をチラ見するとわかりますが、化粧品の小さなボトル1本に数千円から数万円というお金を女性は当たり前のように使っています。

また、女性が髪を切る場合には、男性のように「千円カット」の格安店を利用するわけにはいきませんから、ここでも一度で数万円というお金がかかります。

そういったお金を毎月かけることは、女性にとっては自分自身のためでもありますが、デート相手であるあなたのためでもあるのです。

そのような事情を理解すれば、デートでちょっとしたお金を男性がおごることくらい当たり前と考えても良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

男女には収入差がある

男性と比較して数倍、下手をすれば数十倍といった維持費がかかる女性ですが、収入は一般的に男性を下回ることがほとんどです。

収入に対して出ていくお金が大きいので、当然デートで割り勘をするとなると負担が大きくなり、「行きたいのに行けない」という事態を招いてしまう恐れがあります。

そうなってしまった場合には、結果的に大きく損をしてしまうのは男性のほうなので、おごることが当たり前、という態度を取っていたほうが得になります。

もしあなたにライバルの男性が存在する場合には、ライバルがおごり、あなたがおごらないということになれば、当然あなたが不利になってしまいます。

お金が全てと思う女性は少数派ですが、女性はおごられることによって「この人は私のことを大切に考えてくれているんだな」と感じることもまた事実です。

デートを断りにくくさせるという作用も

デートの際におごっておけば、心理的な面で優位な立場を取ることも可能となります。

「おごらせてしまった、何かでお返ししなければ」と女性に考えさせることができれば、その段階で男性の勝ちです。

そのような心理状態に陥った女性に対して新しいデートを提案すれば、それを却下されてしまう可能性はほとんどありません。

「お返しさせてください」という言葉を実際に引き出せたら大チャンスで、「そんなことは考えなくていいから、また今日みたいにデートしてほしいな」と誘いましょう。

少しキザに感じるセリフかもしれませんが、「次回もおごるよ」というニュアンスを含んでいるため、女性は金銭的な事情を考えることなく気軽に誘いに応じられます。

あなたにもメリットがある!

確かにデートでおごるというのは出費がつらいかもしれません。

でも上記で述べたように、次のデートに誘いやすくなったり、好意を持ってもらえたりとあなたにもメリットがあるのです。

あなたのお財布事情を考えつつ、出来る範囲でデートではおごってあげましょう。