「おごるよ」はNG!食事デートでスマートにおごるタイミングや方法とは?

好きな女性との食事デート。

ここはおごってあげて、女性からの好感度を上げたいところですよね。

しかし実際におごってあげると言っても、レジの前でモタモタするのはかっこいいとは言えません。

そこで今回は、食事デートでかっこよくスマートにおごる方法をお伝えします。

相手が席を離れたとき

原則として、デートの際に女性におごるタイミングとしては、女性がいないタイミングで支払うことがベストです。

そのために狙えるのは、女性がお手洗い等のために席を外したタイミングです。

女性が見ていない間に支払いを済ませることができれば、女性に気を遣わせることなくスマートにおごることができます。

また、有言実行よりも不言実行を決行したほうが、「この人になら頼れそうだし、かっこいい人だな」という印象も与えやすくなります。

デートでレストランに出掛けた際には、女性が席を外すタイミングを逃さぬように集中しておきましょう。

ここというタイミングでさっと支払いができるように、荷物をお店に預ける際にも財布だけは常に手元に残しておくこともポイントです。

トイレに立つフリをして支払う

女性がなかなか席を立ちそうもないというときは、自分からアクションを起こして支払いを済ませに行きましょう。

「ちょっとお手洗いに行ってくるね」と言い残せば、女性としてはまさかそのまま支払いに行くなどとは思いません。

お食事が終わって席を立ち、当然のようにお会計の心配をする女性に対して「もう済ませてあるから」とそっと伝えれば、一気に女性の心を奪えるかもしれません。

テーブル会計が基本のお店だとしても、そういった申し出を行えば空気を読んでその場での支払いに応じてくれる場合がほとんどです。

財布を持って席を立ちにくいという場合には、予めポケットなどにクレジットカードを1枚忍ばせておくとスマートです。