おごる金額は分かりやすい指標かも!好きな女の子とのデートではどのくらいおごればいいの?

好きな女の子とのデート。

ここはぜひおごってあげて、彼女から好印象を持ってもらいたいところですよね。

でも注意したいのはおごる金額。

あまりに低すぎると好意が伝わらないし、高すぎると遠慮されてしまいます。

そこで今回はあなたと女性の関係に応じておごってあげたい金額をご紹介します。

スポンサーリンク

同じ歳の女の子なら3,000円でOK

普通のメイク、ファッションの女の子とのデートで男性がおごるなら、金額はどのくらいまでにすればいいのか。

初めてデートする日には、そんなに高い金額にしなくてもいいのです。

1回目から張り切って何万円も使ってしまったら、次にそれ以下のおごる金額になったら、女の子はがっかりさせてしまいますから。

まだ女の子も男性とお話をするだけでドキドキしている段階ですから、食事をおごる金額まで鋭くチェックしていません。

それよりも、話を楽しく盛り上げた方がいいわけです。

普通の見た目の女の子なら、さほど数万円のディナーコースなど期待していません。

あまりにも高いと、かえって気を使わせてしまいますから、上限としては、3,000円ほどの料理でもいいんです。

2回目以降のデートでのおごる金額もこの程度でも大丈夫です。

年上女性なら上限6,000円ほどでOK

年上の女性とデートをした時におごる金額としては、安すぎると、逆に失礼です。

年上の女性は2,000円ほどの料理だけでは、「なんだか真剣さが足りないな」と感じてしまうのです。

いくら年下男性であっても、年上女性と付き合うのですから、それなりの金額を考えてくれると思っています。

では、3,000円ならどうかな?と思いますが、ディナーで3,000円では安いなと思ってしまいます。

真剣な気持ちを伝えたいのなら、6,000円ですと、頑張ってくれたなという気持ちが伝わり、嬉しい気持ちになるのです。

6,000円のディナーでも、いかに女性の好きな食材を使っているか、素敵に盛り付けているかを考えたディナーコースを奢ってくれたなら、年上女性をより楽しませることが出来るのです。

スポンサーリンク

年下の女の子には2,000円でOK

年下の女の子とのデートでおごるのなら、上限は2,000円ほどでいいのです。

20代の女の子は、数万円もおごられると不安に思ってしまうところがあります。

まだデートを楽しみたい年頃ですから、いきなり1万円前後のディナーをおごられると結婚を意識しなければならないのかな?と思ってしまいます。

特に、まだ結婚を考えていない25歳以下の女の子にプレッシャーを与えてしまうことになる。

まだ若い女の子には、ファミレスの1,000円程度の食事でもいいのです。

ただ、グラタンが1,000円するのなら、それだけではなんだかケチだなと思わせてしまいます。

プラス、ドリンクやスイーツも付けてあげれば、「素敵」となるわけです。

そうなると、2,000円にはなりますね。

若い女の子と頻繁にデートをするのなら、この上限でOKです。

モテる女の子なら7,000円は考えたい

モテる女の子とのデートでおごる時の上限は、7,000円です。

色々な男性からモテる女の子は、とにかくピンからキリまでの上限のおごりを経験しています。

時には3,000円、8,000円、20,000円など、幅広く体験しているのです。

こういった女の子は、その男性の気持ちをこの上限によって分かってしまいます。

自分はどのくらい愛されているのかを瞬時に判断してしまう。

ケチな男よりも、いくらでもおごる上限を高くしてくれる男性は現れます。

目も肥えていますから、5,000円以上でないと安すぎると考えてしまう。

男性におごられる行為1つで今後の付き合いも変わります。

だから、こういった女の子には、奮発することがポイントです。

そう考えると、おごる金額は頑張って7,000円は考えましょう。

無理のない範囲で頑張ろう!

デートでおごってあげたい金額をご紹介しましたが、無理してその金額を出そうと頑張るのも考えものです。

これからデートのたびに生活費がカツカツになるようでは、上手くいくはずもありません。

あなたの無理のない範囲で頑張ってくださいね。