なにがダメなの?!あなたが女の子とLINEが続かない理由とは

好きになった女の子とのLINEが続かない…

もしかして俺のことが嫌いなのかな?と勝手にへこんでしまう前に、あなたの送っているLINEをもう一度読み返してみてください。

彼女から嫌われるLINEを送ってはいませんか?

今回は、女性に嫌われがちなLINEをご紹介します。

スポンサーリンク

LINEの内容が面白くないから

どうして女の子とLINEが続かないかというと、内容が面白くないからです。

せっかく好意を持ってやり取りをしたとしても、「今日は何食べた」だの「今、会社から帰ってご飯食べたんだ」というlineでは、まったく面白くないのです。

女の子も返事を返すのも面倒となり、続かなくなるわけです。

話題性がない文は、流行に敏感な女の子にとって、とても窮屈で飽きます。

いくら格好いい男性であっても、ずっとやり取りをしてみようとは思わないのです。

自分のことばかり伝えてくれても、「だからなんなの?」という気持ちにもなってしまいますね。

できれば芸能のことや趣味のこと、グルメあたりの話も織り交ぜながらLINEをした方がいいのです。

こまめなところが逆にしつこく感じるから

こまめにLINEをしているというのに続かないのは、女の子にとっては「うざいな」と思っている証拠です。

自分では好きな女の子の気持ちを掴むには、とにかく何度もやり取りをした方がいいだろうと考えてしまうところがあります。

男性は早く女の子と付き合いたいという焦るところがありますが、この焦りこそが女の子の気持ちを冷めさせてしまうところでもあるのです。

「ねえ、今どこにいるの?」「ねえ、早く返事欲しいんだ」などとせかせかしてしまうようなLINEは、女の子が逃げたくなります。

まだ付き合ってもいないというのに、まるで彼氏ヅラをしているような文では、「この人、ヤダ」という気持ちにしてしまうのです。

そこに気をつけて、せかせかしない、余裕のあるやり取りがしたいですね。

スポンサーリンク

絵文字が何個も並んでいるから

絵文字ばかりだと読むのも嫌になってしまい、女の子とLINEが続かない状態に陥ります。

確かに、LINEの絵文字は何百種類というデザインが揃います。

ついついたくさん使って楽しい気分にしてみたいと張り切ってしまうところが男性にはありますね。

最初はまあ可愛いなとは思いますが、5個も6個も色々な絵文字が並ぶと、しつこく感じます。

それに、恋愛をしたいというわりには、なんだか真剣みが感じられない。

恋愛をするというよりも、友達として付き合うのなら楽しいけど、それ以上の関係にはどうもなれそうにないなとも感じるわけです。

恋愛がしたいなと思っている女の子にとって、いつまでも絵文字ばかりのLINEのやり取りでは飽きられます。

しっかり言葉で気持ちを伝えて、絵文字は1、2個付ける程度でいいんです。

あなたとの年の差を感じるから

年下の女の子とLINEが続かないのは、なんだか年の差を感じてしまうからです。

ピザやスパゲッティが好きな女の子が「食事に行こうよ」と誘ったのに、「俺、サバ定食が食べたいんだ」と返ってきたらがっくりです。

パフェが好きなのに「羊羹食べに行こうよ」と言われたらますますがっかり。

「メタボが気になるから、ちょっとカロリーの高いものはダメなんだ」と言われてしまえば、何も言えません。

「あっ、そうなんだ」で終わり。

だったら、もっと若い世代の男性とLINEをした方が楽しいしと思われてしまいますね。

いくら10歳も年が離れているからと言っても、それをLINEで伝えてはダメなのです。

もっと楽しくやり取りがしたいのなら、年下の女の子に合わせることが大事です。

彼女に合わせることが大切!

LINEを送るペースや送るメッセージの内容を彼女に合わせる努力が大切です。

自分のことを考えてくれていると彼女がわかってくれれば、あなたに対する好感度も高まるものです。

自分が送りたい内容ではなく、彼女が読みたい内容を送ってみましょう。