いつもは優しい彼からの返事がこない…男の子とのLINEが続かない理由とは?

対面で話していると話も長続きするし、お互い楽しく過ごすことができるのに、LINEとなると途端に素っ気無い態度になる彼。

返事がこなかったりLINEがたった数通のやり取りで終わってしまうと、女性としては不安になりますよね。

でも男性と女性とではLINEに対する考え方も違います。

あなたがいつも送っているLINEが、実は彼にとっては苦痛かもしれません。

スポンサーリンク

長文すぎるLINEは返信しにくい

男性とのLINEが続かない理由として、送る文章が長すぎるということが挙げられます。

女性は手紙を書くのも得意ですので、文章を作るのも得意ですが、男性はそういったことに慣れていません。

長文に対して長文で返さなくてはならないと思っていたり、そもそも長文を読むのが面倒と思っている人もいます。

おしゃべり好きな女性はついつい長文になってしまいます。

男性はそれに対してどうやって返したらよいかわからない、という状態です。

この状態を脱するためには、文章を作って送る前にもう一度文章を読んで長すぎないか確認したり、何が言いたいかどういった返事が欲しいか考えるといいかも知れません。

何も考えないでダラダラと長文を送ってしまうとよくありません。

質問以外のメッセージは返事に困る

男性は思ったより女性が思うより鈍感な生き物です。

LINEが続かない男性は、質問でないから返さなくてよいと思っているかもしれません。

同時にやはり文章を考えて送るのが苦手といえます。

女性はわずかなきっかけや、つながりが欲しくて連絡をします。

男性にはその意図が伝わっていません。

少しでもかかわりを持ちたいなら返しやすいような文章を作ったり、質問を入れた文章にすると、その質問の返答のみの回答は来るようになるかもしれません。

あまりにも質問責めにしてしまうと、それもまた男性が面倒に思うかもしれませんのでほどほどにしておいた方が良いです。

男性が嫌でなく、心地よい状態に思えるような文章を送ることが大切なことです。

スポンサーリンク

日記のようにな文章は返信する必要がない?

男性とのLINEが続かない理由に、女性が送る文章が日記のようになっていることがあります。

確かに興味を持ってもらいたくて「今日何をした」などや「今日何を思った」などと自分のことを伝えたくなる気持ちもあります。

しかしその気持ちのまま文章を送ってしまうと、男性は「ああそうなんだ」と思うだけで、返事をしなくてよいと思ったり、会話をするより理解どまりで終わってしまいます。

「私は今日こうだったけど、どうやって過ごしてた?」くらいのニュアンスで送ると男性も返事をしやすくなります。

どうしても伝えたいことがあって日記のようになってしまって、送りたい気持ちもあるのなら、返事はこないかもしれないということを念頭に置いた方が良いでしょう。

用件のみの返事でいいと思っている男性心理

男性とLINEが続かない理由として、連絡は用件があるときにするものと思っている男性がいます。

SNSが普及して自分のことを発信する場所が増えたので感覚が変わってきている部分もありますが、男性の多くはそういう考えの人がいます。

必要がないから連絡をしないという考えです。

自分の感情をダラダラ伝えながら女性同士で話すことはよくあることですが、男性はそういったこともあまりしません。

そもそも考え方が違うので、あまり話さないで無口な人もいます。

こういったときの対処法として、「私はメールが好きで返事が欲しい」とはっきり伝えることで伝わることがあります。

変わらないかもしれませんが、伝えてみることは挑戦してみてもいいかもしれません。

シンプルかつ分かりやすい文章を!

男性にLINEを送るときはできるだけ用件のある内容を送りましょう。

何か聞きたいことがあったり、相談したいことなど、男性が返事をしやすい文章を送ることが大事です。

メッセージはできるだけ短く、シンプルに送ってみてくださいね。