上司に妊娠報告したいけどタイミングがつかめない…1日の中で最も迷惑をかけない時間帯とは?

お昼休憩が被らない!どうする?

必ずしも上司や担当者と時間が被るとは限りませんよね?

そういったときは終業のときに妊娠報告をしましょう。

なぜかというと次の日にその業務を行なうことができるからです。

業務をこなす上で早く報告を受けることが滞りなく進められます。

前述した通り午前に仕事を回せるのがメリットです。

しかし、会社や妊娠報告を受けた人の性格上によっては残業して業務をしなくてはならないかもしれないので注意が必要です。

その事情によって判断をしなくてはならないのでタイミングを見極めるのに一苦労するかもしれません。

昼休憩でも終業後でも相手の様子や業務のことを考えるということがポイントです。

明日報告をしようと考えていても状況によっては難しい場合があるので、その時は無理に報告しない方が得策です。

上司が全然捕まらないときはメールでも

相手の様子を伺っていてもなかなかタイミングが合わない時もあります。

その時はメールで概要を説明するのが良いです。

妊娠報告をしたい旨を伝えて、指示や時間を仰ぎましょう。

では、電話はダメなのか?というともちろんそんな事はありません。

電話に出られる状況じゃないと基本的に出ないですし、相手の時間にゆとりがある時に折り返しが来るかもしれないからです。

とにもかくにも相手に伝えることが先決です。

その上で時間にゆとりがあるかどうかの判断です。

もちろん、妊娠報告というおめでたい報告だからこそ様々なことを気にする必要があるのです。

「あー、せっかくだから少し話したかったな」などあるかもしれません。

個人間でも会社に対してもスムーズに進めるにはタイミングを見極めてくださいね。

スムーズな妊娠報告を

タイミングも大事ですが、もう一つ大事なのはあなたの妊娠報告の伝え方です。

出産後はどうしたいのか、産休についてはどのように考えているのかなどあなた自身の考えを整理したうえで妊娠報告を行ってくださいね。

きっと上司だって祝福してくれますよ。