思春期男子は分かりにくい?好きな中学生男子が自分に脈ありと分かる行動4選をご紹介!

同じ中学の男子を好きになってしまったら、その男子の自分に対する思いを知りたくなりますよね?

もちろん直接聞くのが一番手っ取り早いですが、そんなこと恥ずかしくてなかなか難しいものです。

そこで今回は、中学生の男子が脈ありな女子に見せる行動をご紹介します。

もしあなたの好きな男子が当てはまれば、告白のチャンスかも…!

スポンサーリンク

目線で好きという気持ちを伝えてくる

中学生男子が脈ありと分かるチェックポイントは、目線です。

気になる女子には、自分の気持ちを目線にして伝えるのが、思春期でウブな中学生男子のやり方なのです。

会話をしてはみたいのだけれど、なかなか恥ずかしくて近寄って行けない。

あまり女子との会話をに慣れていないだけに、なかなか話すきっかけと内容が掴めない。

もっと気持ちを伝えたいけど、どうも恥ずかしい。

だから、目線で訴えるのです。

でも、思春期のウブな中学生男子は、女子の目線は恥ずかしいもの。

だから、女子から見つめるとジッと見ていることができず、下を向いてしまいます。

ソッポを向いたり、背中を見せてしまうこともありますね。

どうも、ずっと顔をこちら側に向けることはできないけど、「好き」という気持ちを背中から漂わせています。

恥ずかしいのを我慢して人前でも手を繋ぐ

手を繋いでくれる中学生男子は、脈ありと分かります。

思春期で恥ずかしいと思う時に手を繋げるのは、好きという気持ちがあると分かります。

それは、自分も好きで”付き合いたい”という気持ちがあるからなのです。

女子から手を繋いでくれたというのに、それを拒むということは、嫌われてしまうと思います。

心の中では好きと思っていますから、拒むなんてことはしてはダメだと感じます。

中学生男子としては、人が見ている前で手を繋ぐだなんて、かなり勇気のいることです。

女子と付き合ったこともないのであれば、尚更。

それを勇気を出して手を繋ぐということは、かなり真剣な気持ちがあります。

その真剣な気持ちは、手を繋ぐという行為で伝えているのです。

スポンサーリンク

スポーツをしている時に格好良くキメる

元気な中学生男子の脈ありをチェックするポイントは、スポーツをしている時に格好良くキメるかです。

それまでは普通にプレイをしていたのに、脈ありな女子が見ているなと思うと、急にイキイキとしたプレイをするのです。

顔つきも真剣になりますし、いかに格好良く見せれるかと考えますから、動きもキビキビとした感じになります。

そして、女子の顔をチラッと見ては、こちらを見ているなとチェックもする。

ハキハキと「こっち、こっち」と声を張り上げたりもします。

大胆な中学生男子になると、女子に向かってウインクをしてくることもあるんです。

手を振ってきたりと、色々な仕草も見せます。

色々な行動を見せるようになると、かなり脈ありと分かります。

自分の方からあなたに近寄って来る

気が利く中学生男子が脈ありな時は、あなたに「これ、よかったら使って」と定規や消しゴムを渡してきます。

好きという気持ちがあるから、あなたが忘れ物をした時には、率先して自分の持ち物を貸してくれるのです。

あなたが「ありがとう、ごめんね」と言うと、「ううん、いいんだ」と笑顔を見せるのです。

逆に、嬉しい気持ちになっているなと感じる笑みを浮かべることもありますね。

脈ありな中学生男子は、帰り際には「じゃあな」と挨拶をしてきます。

声を掛けて、さりげなく自分をアピールしているのです。

挨拶した自分にとても嬉しくなり、ニコニコっとすれば、かなりあなたに脈ありと分かるのです。

自分の方から近寄って来ることも多くなります。

いつの間にか隣に立っていることが増えたなら、脈ありと分かるのです。

思春期男子の男心を見極めよう!

思春期男子は恥ずかしがりやで素直ではありません。

そのため好きな女の子に対してついつい素っ気なくしたり、冷たくしてしまうもの。

でも好きな女子が本気で悲しむことだけは絶対にしないはずです。

上記4つのポイントをぜひチェックしてみてくださいね。