彼女と確実に別れたいときに使える別れを告げる5つのステップ

苦労して手に入れた彼女。

そんな、せっかく付き合った彼女でも、別れたいと思うときはあるものです。

考え直せるものなら考え直してみるのも良いですが、一度別れたいと思ってしまうと別れたいという気持ちは増すばかり。

二人の関係を修復するのが難しくなってきてしまいます。

そんな苦痛を味わいたくないならば、今の彼女と別れて次の出会いを探してみたり、一人身の身軽さを満喫してみたりするのがおすすめです。

今よりもずっと良い過ごし方ができますよ。

今回は、彼女と別れたいと思い、どう別れるべきか悩んでいる方に向けてスマートに彼女と別れる方法をご紹介していきます。

1.彼女と別れたいなら、まず素っ気なくしてみる

今まで、彼女とどのような付き合い方をしていましたか?

ベタベタイチャイチャしていたか、サバサバとしていたかで効果的かどうかは変わってきてしまいます。

前者のように、いつもくっついているような関係だった場合、とにかく素っ気なく振舞ってみましょう。

大きな効果が期待できます。

後者の場合は男友達のような関係に近いところがあるため、いくら素っ気なくしても前者に比べると効果は減ってしまうのです。

ただ、素っ気なくすること自体に効果がないわけではないので、次の方法と合わせて彼女との距離をおいてみてください。

2.スマホでの連絡を封印する

メールやLINEでのやりとりにおいて、絵文字や顔文字を使うのをやめましょう。

なるべく短文で、あまり心が込もっていない雰囲気を滲ませるのです。

また、電話を頻繁にしていたのなら、電話という連絡ツールを使うの控えてください。

忙しく手が離せない状況だと思わせることが必要なのです。

ここで注意点ですが、素っ気なくしたことによって彼女が寂しさを感じ、より一層の愛情を送ってくることがあります。

この段階は、まだお互いに無傷で済むギリギリのラインです。

別れを思い留まるなら素っ気ない態度を改め、今まで通りに徹しましょう。

一度距離を置いてみたらやっぱり大切だったことに気付いた、なんてこともありますからね。

3.距離を取ることで「別れたい」のサインを告げる

それでは第二段階です。

素っ気なくしていき、彼女も何となくこちらの雰囲気を感じ取ってきたら、今度は距離を置いてみましょう。

これはそのままの意味で、会う頻度を減らす、あるいは一切会わないようにし、連絡も絶てたらなお良いです。

この段階では、こちらが何も言わずに一方的に距離をとっても、何も言ってこない彼女であったら楽ですよね。

そのままどんどん距離を置いていきましょう。

もしそれでも連絡をしてくるようであれば、素直に距離を置きたいと伝えるのも有効です。

そうすることで、彼女の頭の中にも別れの文字が浮かんできますし、いざ別れ話をするときにも引き止められたりしません。