内容や時間は?職場恋愛でアプローチする場合に女性に好かれるLINEの送り方をご紹介

職場で好きになった女性にLINEを送りたくても、なかなか勇気が出なくてためらってしまう男性も多いのではないでしょうか?

それは何を送っていいのか分からなかったり、どの時間帯が迷惑じゃないか気にしたり、いろいろあると思います。

そこで今回は、同じ職場の好きな女性に好まれるLINEの送り方をご紹介します。

好意を表さずに女性に想像させる

女性は自分に好意がある人を好む傾向があります。

とにかく相手に「もしかして私のことを?」を思わせることが大事です。

なので「好きだ」などの言葉は使わないでください。

これは相手に考えさせることをストップさせてしまうからです。

ではどういう風に表現するか、ですよね?

「もし良かったら映画に行かない?」

「美味しそうなレストランがあるんだけど、行ってみない?」

といった具合にあなたの頭の中に自分がいる、ということを認識させるのです。

なんで私を誘うんだろう?と考え始めたら可能性は一気に高くなります。

それまではゆっくりと焦らず攻めることです。

友人としてなのか、いつかの恋人として見ているのかを相手に判断させるのです。

これがもっとも重要なことです。

そろそろ頃合いどきじゃないかと思ったら一気に勝負をかけます。

「次の誕生日、一緒に過ごさない?」

もちろん、誕生日じゃなくても大事なイベントであれば何でもいいです。

この時に自分が大事な人として扱われている、告白されるかもと思わせるのです。

ここで良い返事がきたら非常に高確率で告白が成功します。

女性の仕事の忙しさを考える

職場恋愛で注意が必要なのが、相手が忙しい時期なのかどうかです。

プロジェクトが始まる時、真っ最中などに連絡をもらっても困りますよね?

なので返事をもらえる可能性を高くしたいならば、相手がどんな状況かを考えるようにしてください。

もし、現状が分からないのであれば、探ってみることです。

例えば、「こっちのプロジェクトはひと段落したけど、◯◯はどんな感じ?落ち着いてたらご飯に誘いたくて」と送ります。

ここで重要なのが、相手の様子を伺うこと。

そして、アプローチをあなたに送っていますよ、ということを示します。

短文であれば、相手が読むことにわずらわしさを感じにくいですし、何よりも疑問文なので返事をもらいやすくなります。

次に重要なのが、下手に出ることです。

上から目線で来られると印象はあまり良くありません。

女性として大事にします、ということを相手にそれとなく伝えるのです。

もう一度言います、それとなく、です。