モテる男のラインの頻度は?まさかマメに返してないよね?

あなたはLINE(ライン)というアプリを使っていますか?

今時のモテる男はみんなこのラインを使っていますが、一体、ラインの頻度はどのくらいがベストなのでしょうか?

巷ではマメな男ほどモテるという言葉がありますが、ラインではやってないけないってこと知ってました?

今回は、そんなラインの返信頻度について解説していきます。

まずはラインの特徴から

一昔前まではメールでのやり取りが普通でしたが、今はラインの方がお手軽に使えるので、恋愛の必須ツールにもなっています。

そして、ラインの大きな特徴といえば、既読機能とスタンプ機能にあります。

スタンプ機能は昔で言う絵文字をもった表現豊かにしたもので、感情表現や気楽なやり取りに便利に使えます。

そして、既読機能。

これは、自分が送信したラインが読まれたら相手の画面に既読が付き、自分が相手のラインを呼んだことが通知されるのですが、これがラインの一番の特徴と言えるでしょう。

なぜマメなラインがいけないのか?

さて、話は戻しますが、マメに連絡を取るのはいいことですが、ラインでの連絡はマメすぎると相手を疲れさせてしまいます。

というのも、ラインの特徴である既読機能が関係してくるのですが、人間心理として、既読になったら何かメッセージを返さなきゃ、と思ってしまいます。

とくに、真面目な子には多いのですが、既読をつけた瞬間にラインを返してくる人が多いです。

これは、既読スルーしたと思われるのが嫌だからこその即返信なのですが、これを何通もやってみてください。

短時間で何通もラインを続けると単純に疲れます。

この結果、相手はあなたとラインを続けることがしんどくなっていき、無意識の内に「この人は疲れる・・・」と思われてしまうのです!

また、「暇な人」といった印象も与えてしまいますので、ラインにおいては必ずしもこまめな返信がいいとは限らないわけです。

最適なラインの頻度は?

最適な頻度は、友だちくらいの関係であれば、3日に1回くらいが丁度いいです。

1回といっても、相手が話に喰い付いてきたときは、相手の熱が冷めないうちにレスポンスしてあげてください。

ただし、この時に、既読をつけたからってすぐには返信しないことです。

相手がラインの続きに興味津津であるときに非常に有効なのが、”焦らし”のテクニックです。

上手く焦らせると、相手の女性は既読がついているのになかなか来ない返信にやきもきし、早くあなたからの返信が来ないかなと期待するようになります。

かといって、焦らしすぎも相手の気持ちを削ぐことになるので、盛り上がっているときは30分~1時間くらいを目安にラインをしましょう。

ラインを長続きさせる1番の秘訣

大切なのはメリハリです。

狙っている女の子とラインのやり取りを長続きさせたい場合、ダラダラした展開は返って毒になるので、ネタがないときはバッサリと切って終了しましょう。

明日もラインしたいからといって、「ごめん、昨日寝ちゃってた」とかいって何日も引き延ばすのはやめしょう。

マンネリ化のもとです。

人は慣れる生き物であり、刺激を求める生き物でもあります。

逆の立場になって考えてみるとわかるのですが、毎日同じ女子とラインしていると慣れてしまい、その女子からは魅力を感じづらくなり、「ラインがきても後で見ればいいや」とそのうち後回しにしてしまいます。

ところが、ふとしたタイミングで久しぶりに女の子からラインが来た時、妙に嬉しくなったりしませんか?

少なくとも、「あれ?どうしたんだろう?」と気になって、すぐにラインの内容を確認してしまうはずです。

モテたいなら感情を動かせる男になれ!

最後に、超重要なことをいうので、今回、ここだけでも覚えておいてください。

モテる男に必要なスキルは、相手をドキドキさせることです。

「好き」になるというのは、感情がこちらに傾いているという状態です。

ドキドキさせると、感情がぐわんぐわんと揺れ動きます。

もしも、相手に自分の存在を慣れさせてしまったら、相手をドキドキさせて感情を揺さぶることが難しくなります。

女の子がもらって嬉しいものとか、感動するものって何か知っていますか?

それは「サプライズ」です。

女の子は、いつも感情を激しくロマンチックに揺さぶってほしいと願っているのです。

このポイントをきっちり踏まえたうえで、不意を突くような形でラインを返してあげるといつの間にか女の子はあなたのことを好きになっています。