妊娠しちゃった!職場への妊娠報告はいつの時期がベストなの?!

妊娠おめでとうございます。

旦那さんや両親や親戚に報告するのはきっと幸せのひと時ですよね。

でも職場への報告だって忘れてはいけません。

そこで今回は、妊婦であるあなたの体調や仕事に対する考えによってベストな妊娠報告のタイミングをお教えします。

つわりがひどい時はできるだけ早めに

妊娠が発覚する前からつわりの症状が出る人、または妊娠発覚後すぐにつわりが激しくなる人がいます。

つわりの症状は人によって様々ですが、その症状によって仕事に影響が出る可能性が考えられるならば、できるだけ早めに職場へ報告した方が、職場にとっても自分にとっても安心できるものになります。

例えば職場に向かっている最中に急に具合が悪くなり、遅刻や欠勤という形を取らなければならない時は、そこに「理由」が必要になります。

その時妊娠していることを職場に伝えていないケースだと、「また?」と思われてしまうこともあり、両者にとって不快な気分になるものです。

つわりの症状が出始めており、それによって支障が出るようであれば、できるだけ早めに報告しておくべきでしょう。

最適なのは安定期に入った時期

妊娠したからといって、必ずしも無事に子供が成長してくれるとは限りません。

お腹の中で急変し成長が止まってしまったりと問題が起きてしまい、出産に至らないケースになることも可能性としてはあるものです。

実際に妊娠検査薬を試した時に反応が出て「妊娠した」と思っていたのが、翌週には生理が訪れる、化学流産と呼ばれるものもあります。

検査薬で「妊娠した」と思っていても、結果的に妊娠が継続できないとなれば、職場に報告した後に「やはり妊娠ではなかったです」とは言いにくいもの。

こうした様々なケースが考えられるため、安定期に入り出産の可能性が高くなった時に報告するというのも一つの方法です。

いつ報告するのがベストなのか悩んでいるなら、安定期に入った時期に報告すると、出産までにも余裕があり、妊娠の継続が見込まれることから、一番適した時期と言えるでしょう。

あまり知られたくない時は妊娠後期に

女性の中には、「妊娠したことを報告したらからかわれるかもしれない」「仕事を減らされるかもしれない」という不安を覚える人もいます。