気を付けて!職場恋愛で男性からアプローチする際に絶対に必要な周囲への配慮とは?

会社は仕事をする場所!のはずが毎日一緒に仕事をすることで、社内の女性のことを好きになることだってありますよね。

でも、デートに誘ってガンガンアプローチするぞ!と意気込む前に少し待ってください。

職場恋愛は周りの状況や人間関係によっては難しくも簡単にもなるのです。

そこで今回は、職場恋愛で気になる女性にアプローチする前に、知っておいてほしいことをお伝えします。

スポンサーリンク

女性の仕事の状況を考慮する

職場恋愛は通常の恋愛とは少し違って、男性のアプローチが少し難しいといえます。

プライベートなら自由にプッシュできるのですが、会社という特別な空間の中でアプローチしますので、周囲への配慮は必須です。

まず、ここはプライベートではなく仕事をする場所であるということです。

本人が暇であったり、時間がある状態でも部署全体に仕事が滞っているような状態の時に、雑談でもしていると周囲の人はいい気はしないです。

顔を見に行ったり、話しかけにいきたい気持ちはわかりますが、その場所が会社である以上仕事が一番の順位になります。

これが崩れると、恋愛もうまくいかなくなることが多いです。

周囲の人に目を付けられる前に女性の仕事の状況はしっかり把握しましょう。

周囲に敵を作らない努力

男性がアプローチするときに、さまざまな方法を使ってアプローチしたくなるかもしれません。

しかしそこは職場恋愛で、周囲の人と差や違いがあると、女性の方が浮いてしまいます。

本人は無意識にしているかもしれないのですが、プライベートの延長線と考え知らない間に態度に出てしまったりしています。

名前の呼び方、なれなれしい態度、本人同士は良いかもしれませんが周囲の人からみたら不快なことです。

「あの女性に対してだけ態度が違うよね」なんてことになると、会社ですので良くありません。

改めてここは仕事をする場所ということを念頭において、誠実な態度を取り続けることが、職場恋愛をうまくいかせるコツです。

周囲の人を敵に回さない方が良いです。

スポンサーリンク

女性が一人の時を狙って話しかける

職場恋愛で男性がアプローチするときに、女性に話しかけたいと思うのは当然のことでしょう。

しかしそこには当然周囲の目、というものがあり、常に監視されているといっても過言ではありません。

この周囲の目から逃れるためには、アプローチしたい女性に対しては一人の時に話しかけるということがあります。

周囲の目線は気になりませんし、お互い気を使うことも減っていきます。

周囲の人はすべて敵というわけではありません。

しかしながらふとした態度で気づいてしまったときに、どういった態度を取ったらいいかわからなくなる時があります。

相手に迷惑をかける前に、自分たちの方から周囲の目線から外れることで、周囲の人達も逆に安心するときがあります。

できるだけ口外しない

男性が職場恋愛でアプローチしたいときに、周囲に公言したくなる人もいるかもしれません。

ここで忘れてはならないのは、「応援したい人」「不快に思う人」に分かれるということです。

応援したい人ばかりなら公言することでうまくいくことだってあるかもしれません。

しかし、不快に思う人が少しでもいたら職場恋愛自体が不快で快く思っていませんので、悪い方向に向かうことだってあります。

上司に報告されたり、事実と違うことを風評されたり会社の中で嫌な思いをすることになります。

周囲を気にしないで積極的にアプローチできるのはプライベートな時だけです。

嫌な思いをする人も少なからずいることがありますので、その人達の怒りに触れないように口外しない方が、アプローチはうまくいきやすいです。

恋人になれるまでは我慢

周りの社員にできるだけ話さず、こっそりとアプローチする方が社内恋愛はうまくいきます。

晴れて恋人になることができたら、親しい同僚に伝えるのもありでしょう。

でもそれまではできるだけバレないように、好きな女性にだけあなたの気持ちを伝えましょう。