メンズ香水の正しい付け方+メスを惹きつける3つの場所!

あなたはこんな香水の間違いをしていませんか?

手首や背中、首の後ろといった場所に香水をつけてしまっていませんか?

はっきり言います、これは間違いです。

なぜかというと、これは女性の香水の付け方だからです。

実は、男性と女性で香水の付け方は微妙に違ってきます。

これはなぜかというと、男性と女性における基礎体温と身長の違いが関係しています。

なぜ男女で香水の使い方が違うのか?

香水の正しい付け方を説明する前に、前提として知っておいてほしいのは、香水はアルコールだということです。

香水はつけたときにひんやりすると思いますが、アルコールなのでつけた瞬間から体温で蒸発し始めます。

男性は女性よりも平均的に見ると基礎体温が高く、アルコールが蒸発するスピードも違います。

そのため、夏場なんかは男性は汗で臭くなりやすいのですが、女性は汗をかいても臭くなりにくかったりします。

また、女性が香水をつけるときは手首につけるのが一般的ですが、男性と女性は身長が違います。

香水はアルコールなので香りが上へ上へと登っていくように香っていくわけですが、基本的には女性の方が背が低いため、女性の手首から男性の鼻の位置まで香水の香りが届く頃には、香水の香りも和らいだものとなっています。

が、

男性が手首につけた場合、女性の鼻の位置までの距離は身長差の関係でどうしても近くなります。

また、厄介なことに、男性の方が手首から鼻の位置までの距離が長いため、女性よりも匂いに鈍感になります。

なので、自分がつけた時に「あまり香りがしないなぁ・・・」と思っていても、女性目線からすると、「こいつクサっ!」ということがあるので注意しましょう。

香水を付けるタイミング

香水は出かける30分前くらいにつけておくのがベストです。

体温により個人差がありますが、こには、香水の香りが一般的に3段階で変化していくのが関係しています。

香水には、

トップノート→ミドルノート→ラストノート

といった香りの段階があります。

トップノートは香水をつけ始めばかりの10分間くらいしか持ちませんが、会う直前に香水をつけてしまうと、香水の香りが強烈で、調子出した感が出てしまいます。

だいたい30分くらい経つと最初の香りが落ち着きはじめ、ミドルノートの段階になります。

ミドルノートの香りは持続性も高く、ふわっとほのかに香ってくるようになるので、この時に会えるよう、でかける30分前に付けるのがベストです。

ラストノートに関しては、香水の効き目が切れる最後の残り香のようなものなので、ここはあまり意識しなくても大丈夫です。

メンズ香水の正しい付け方

いよいよここからはメンズ香水の正しい付け方について説明していきます。

まず、メンズの場合は、香水を付けるといった人が少ないため、香水をつけているとすぐに相手は分かります。

ここで、香水の匂いをプンプンさせてるようなレベルで香水をつけすぎてしまうと、女性に引かれます。

男の香水とはほのかに香ってくるぐらいが相手にとって好印象を与えるため、香水の付け過ぎだけは絶対にさけてください。

冒頭でも説明しましたが、香水はアルコールのため、温度に敏感に反応します。

そのため、なるべく体温が高い所に香水を付けることにより、無駄なく香りを発散させることができるのですが、人の体のどの部分だと思いますか?

1.ウエスト周り

メンズの香水を付ける場所としておすすめの場所が、ウエスト周りです。

服を着る前につけましょう。

服につけた香水はいい匂いがしますが、香水の香りを上手く飛ばすことができないため、ほのかに香らせることができませんので注意してください。

さて、先ほどした、どの部分に香水をつければ無駄がないということですが、これは、太い血管が通る場所です。

ウエストは高さ的な意味でちょうどいい高さでもあるのですが、背中の腰の付け根あたりに太い血管が通っています。

この部分に香水を吹きかけておくと、いい感じにふわっと香りを漂わせることができます。

2.ひざの裏

お次は、ひざの裏です。

ひざの裏にも太い血管が通っているため、この部分にも付けてあげると効果的です。

ひざの裏は太い血管が通る場所の中でも体温が低い方なので、ウエストでつけた香りと時間差で香りをたたせることが出来ます。

メンズの香水の基本ですが、体の下の方へつけ、香りを上に昇らせていくイメージです。

ほのかにほんのり漂わすのがポイントなので、ひざの裏につけた香水の場合、服が匂いをカバーしてくれますので、香りすぎといった状態を抑えてくれます。

3.足首の内側

最後は、足首の内側です。

ここにも太い血管が通っていますので、この部分にふきかけてあげます。

足首は体のかなり下の部分にあるため、すぐに香りがわかるということもなく、臭くなりやすい足元のイヤな匂いもフォローしてくれます。

ウエスト、ひざの裏、足首ときたわけですが、歩くことによって足首が一番動くため、香りが上へ立ち昇ってきやすい場所でもあります。

メンズ香水の正しい付け方まとめ

最後に、付け方のポイントをまとめておきます。

  • 香水を付けるのは出かける30分前
  • 香水は体の下につける
  • 香水は太い血管の部分につける
  • 特に効果が高いのは、ウエスト、ひざの裏、足首の内側の3箇所

ここに香水をつけることにより、ほのかに香りを立たせることができます。

デートに誘った女性を落としたいときにはぜひ、この方法で香水を使ってみてください。