男って単純かも!初デートで男子が見せる脈ありの仕草とは?

男って申し訳ないですが、けっこう単純です。

その単純な男性の気持ちは、初デートにだって表れるものです。

気になる男性との初デートを思い出してみてください。

また、これから初デートを控えているのなら気をつけて観察してみましょう。

きっと、あなたに対する気持ちを読み取ることができるはず…?

あなたの目を見てハキハキと喋る

好意を持っている女性との初デートでは、男は女性の目を見て話そうとします。

男は好きでもない女性の目をじっと見て話そうとはしませんから、話している時に目を見つめられるのであれば脈ありです。

ただし例外としては、緊張していたり、恥ずかしくてあなたの目をじっと目を見つめたくても見つめられないという男も存在します。

その場合にも男は「目を見て話したい」という願望を持っていますから、見つめられることがなくても、チラチラと目が合うということであれば脈ありと判断できます。

また、男は初デートの際には特に自分の印象を良くしようという意識を持っています。

そのため、普段よりも喋り方がハキハキとしていたり、姿勢をビシっとさせている場合も脈ありと見て問題ありません。

あなたと常に距離を詰めてくる

これは女性にとっても同じことですが、男も好きな女性との距離はなるべく近く保ちたいと考えますし、どうでもいい女性とはベタベタしたくないと思っています。

ですから、電車の椅子や公園のベンチに座った際に、必要以上に距離が近いと感じる場合には脈ありと見ることができます。

より確実に男の気持ちを判断するための方法としては、男と隣り合って座った際に、自分から腰を浮かせて男性の近くに寄って座り直してみると有効です。

その際に男が避けたり、同じように腰を浮かせてずれようとしたりしなければ、それはあなたを拒絶していない証拠であるため、確実な脈ありのサインです。

初デートの際には、密集する必要が無いような場所で隣り合って座るだけでも、男の気持ちをある程度推し量ることができるのです。