社内恋愛中の男性必見!高確率でデートにOKしてもらえる誘い方とは?

社内恋愛をしている男性にとって一番の悩み事は、好きな女性とどうやって仕事仲間という関係を抜け出すことができるか、ですよね。

でも社外で会うにはそれなりの理由がいるし、仕事仲間とは職場以外で会いたくない、という女性だっています。

そこで今回は、同じ会社の女性をデートに誘ったときに高確率でOKがもらえる誘い方をご紹介します。

彼女との仲を進展させたい!という方は必見です。

共通の趣味の話題で誘う

まずは、普段の会話から相手の女性の嗜好や趣味を知っておきましょう。

古典的なアプローチ方法ですが、例えば映画鑑賞が好き、美術館が好き、~のキャラクターが好きなどといった女性の好きなものをリサーチしておきましょう。

そして、それを理由に相手の女性を誘い出しましょう。

「この前言ってたあの映画のチケットもらったけど、一緒に行かない?」というような漫画みたいなセリフですが、意外と女性は食いつきます。

映画鑑賞が好きだとしても、なかなかきっかけがないといけないものですし、共通の趣味の友人がいない場合は特に、「久しぶりに行きたいな」と思っているのにいけないというような状況にあることも割とありがちです。

そんな時に、社内の男性からそのようなアプローチをしてもらえれば、男性を意識するきっかけにもなりますし、OKを出すのに抵抗感が少なくなり、デートに取り付けやすくなります。

悩みがあるので話を聞いてほしいと伝える

仕事上の悩みやプライベート、身辺上の悩み等なんでもいいのですが、あらかじめ何かしらの悩みのネタを洗い出しておいて、「それを聞いてほしい」というアプローチ方法です。

このアプローチの仕方は、逆に社内恋愛だからこそ、状況を分かってもらえるからあなたに聞いてほしいというこじつけが出来、効果的です。

ちょっと深刻な話だと、「会社では誰が聞いているかわからないから」と休日の誘いに取り付けることが出来ますよね。

会社の愚痴的な話であれば、「お酒飲みながらでも聞いてほしい」というような感じで、女性を頼っているという姿勢で誘い出してみましょう。

女性にはもともと、多かれ少なかれ母性がありますし、会社でバリバリと働いている女性は特に、男性を守ってあげたいという考えを持っている人も多いです。

そのため、男性からこのようなアプローチをされたら、ちょっと心配になってOKサインを出してくれることが多いです。