社内恋愛を成就させるためにはどうすればいい?社内でできるアプローチ方法4選

毎日会社で顔を合わせていると親しみが湧くもの。

社内の人間を好きになることだってありますよね。

でも実際は周りの目もあるし、なかなか仕事中にアピールするのは難しいと思われがちです。

そこで今回は、社内でできるアプローチ方法を集めてみました。

せっかく同じ会社にいるのだから、これを有効利用しない手はありません。

さっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク

こまめに話しかけて関わる機会を増やす

社内で恋愛を成熟させるのは、会社の中という絶好な場所があり自然と毎日会うことができるため、アプローチしやすい環境といえます。

ただ、あまりにもバレバレなアプローチや本人に迷惑がかかる行動をすると逆に嫌われてしまう可能性があるかもしれませんので、注意しなければなりません。

とはいえ、まずは自分が相手に気があることをわかってもらえることが必要になってきます。
そのためには、まずは自分から積極的に話しかけることが必要です。

ただあまりに話しかけていると業務に差し支えがでて迷惑がかかりますので、時間がありそうなときは雑談を、忙しい時には「お疲れ様」というあいさつだけでよいです。

ポイントは毎日、もしくはマメに話しかけることです。

まず自分を知ってもらう機会を増やすため、かかわる機会を増やすことが方法です。

業務のフォローをしてあげる

仕事というものは、自然と誰かとかかわりながら達成しているものです。

そして毎日完全にこなしていけるというものでもありません。

誰からがミスを犯してしまったり、満足のいく結果がでていなかったりすると業務がうまく回転しないようなことが起きます。

社内恋愛は、その人の仕事のできを目の前にします。

うまくいかない日、上手に仕事が乗らない日がありますので、その時に業務のフォローする方に回ります。

相手がしている仕事に直接かかわりがなくても、間接的にかかわることができる部分が必ずあります。

上司との調整口利き、取引先への電話など仕事でフォローする機会はたくさんあります。

相手を助けていくと相手側は本当に助かりますので、自然とアプローチの方法になります。

スポンサーリンク

仕事以外でのフォローも出来るとOK

会社の中にいると業務以外にトラブルが起こることがあります。

上司や同僚との人間関係のトラブルは普通に仕事をしていても、起こってしまうものです。

また行きたくない飲み会や社内旅行、イベントに参加したり、自分の時間を犠牲にしながら会社に勤務していることがあります。

そっとその相手が嫌な気持ちにならないような救いの手を出したり、会話の手伝いをしたり、かばってあげる発言をしたり仕事以外でフォローできる場面はたくさんあります。

仕事をしている限りその場面はいつも直面することになります。

そんなときにする積極的なフォローは相手の支えになります。

直接的なアプローチの方法にはならないかもしれませんが、相手の心はいずれ動いてくるようになります。

会社帰りの食事に誘ってみる

プライベートでいきなり食事に誘うのはハードルが高いです。

しかしながら、会社帰りの成り行きで食事に誘うのは断られても突然すぎて嫌な気分にもなりませんし、相手の気分を害すこともあまりありません。

ポイントは相手の状況です。

ストレスが溜まっている、愚痴を話したい気分など目の前で仕事の状況を見ていることがありますので、わかりやすい環境にあります。

忙しいと昼食を取れていないことだってあります。

そんな時には優しく飲みに行こうといわれると行ってもいいかなという気分になります。

社内恋愛は、相手の状況を社外の人間よりわかってあげられる環境にありますので、話も通じやすいものです。

二人で食事に行くことができたら、アプローチできる絶好の方法です。

相手のことを普段からよく見て、食事に誘うことができるチャンスを狙っていきましょう。

 社内恋愛は難しくない!

毎日一緒に過ごしているだけあって、アピールする方法はいくらでもあります。

あとはそれをあなたが実行するかどうか。

社内恋愛が成就できるかどうかはあなたの積極性にかかっているのです。