一目惚れした男性店員から返事がこない…連絡先を渡しても無駄だった4つの理由とは?

いつも行くお店で一目惚れした男性店員さんに、勇気を出して連絡先を渡したのに返事がこない。

仕事が忙しいのかもしれませんが、それにしても数日たっても返事がないのは、もしかすると脈がないのかもしれません。

そこでここでは、連絡先もらった男性がどういった心理状況になるのかをご説明します。

もう一度アタックするのか、またはあきらめるのかを考える際の参考にしてくださいね。

あなたが好みのタイプではないから

一目惚れをした男の店員に女性が自分の携帯のメールアドレスや自宅の番号を渡したのに、返事が来ない。

これは、あなたがまったくタイプではないからです。

女性にも男性の見た目の好みというものがありますが、男性にも見た目の好みがあります。

男性が清楚で奥ゆかしく、地味な女性を好きであった時、あなたがギャル風で派手であったなら、まったくタイプが違いますね。

だから、最初から恋愛の対象ではないと考えられるのです。

その男性が今風で原宿ファッションを好むようなイケイケタイプなら連絡があるかもしれません。

見た目が真面目で物静か、服装も普通なら連絡はきませんね。

もっとその男性の見た目をチェックして、自分に合うタイプの人に連絡先を渡すことが大切です。

失礼な言葉と態度だったから

店で忙しく働く男の店員に対して、「あのお、ちょっといいですかあ」となれなれしい態度で言葉を掛けたら、いくら美人でもイラッとします。

見ても分かるように、仕事をしている時にはそっと見守り、作業が終わった後に声を掛けることがポイントです。

作業をしている後ろでちょこまかしたり、後を追ってきたりすれば、いくら好意を持ってくれてもお断りされてしまうのです。

また、話しかける時の態度で返事がこないこともありますね。

「ねえ、なにしてんのお?あたしさ、彼氏と別れちゃってさあ」と髪をいじりながら、体をクネクネさせて話すとイライラッとするんです。

「電話番号渡すから電話してえ」とまだろくに話もしていないし、「連絡先が欲しい」だなんて頼んでもいないのに、連絡先を書いた紙をいきなり渡してくる失礼な女性と話したいなんて思いません。