会社員で良かった!一目惚れした女性に連絡先を渡すときには名刺が最適な理由4選

一目惚れした女性とお近づきになりたい!

そのためにはまず、あなたのことを知ってもらう必要があり、そのときに必要になってくるのがその女性との連絡先の交換です。

連絡先なんて、自分の名前と電話番号を書けばいいや…なんて思ってはいませんか?

実は、連絡先を書く手間さえもかからない名刺が、初対面の相手に最も信頼してもらえるのもなのです。

ここではその理由をご紹介します。

簡単なプロフィールを分かってもらえる

社会人の男性が連絡先を渡すとき、ただ連絡先と名前を書いたものを渡しても、相手の女性はあなたがどんな人か、全く見当もつかないですよね。

ましてや、あなたが一目惚れした相手は、まだあなたの存在にすら気付いていないかもしれません。

そんなとき、名刺を見ればある程度のことは分かりますよね。

名前、電話番号、メールアドレスはもちろんのこと、どこの会社で働いているのか、どんな職種なのか、役が付いている人であればどんな立ち位置で業務をしている人なのか等、素性が明らかになります。

これによって、彼女はあなたがどんな人なのかを想像しやすくなります。

それが、結果的に一目惚れした相手の警戒心をほどき、相手からの連絡が来やすくなるという効果が期待できます。

社名を明かすことで信頼につながる

名刺には会社の名前も出ていますから、あなたの勤務先がどこなのかということも彼女は把握できるわけです。

そのため、あなたが一目惚れした女性からすれば、万が一変なことになっても、会社が分かっていれば逃走される心配もないというメリットがあります。

また、大手企業に勤めている方や名の知れた企業に勤めている方は特にですが、会社の名誉にもつながることなので、会社名を明かしたうえで変な行動に出来ることは出来ないですよね。

「社名を自ら明かす」ということで、こういった女性が抱える警戒心や恐怖心を軽減する効果があります。