社内恋愛は難しい?!職場の女性に好きになってもらえるアプローチの方法4選

会社でいつも顔を合わせていると、最初はただの職場仲間だと思っていた人に対しても、いつの間にか恋心を抱くようになることもありますよね。

だけど、職場の仲間、同僚としての関わりから恋愛に発展させるのはなんだか難しそう…と、あきらめてはいませんか?

実は、社内恋愛はあなたを好きになってもらえるチャンスがたくさん転がっています。

ここでは彼女のあなたに対する好感度をアップさせる方法をお伝えしますので、さっそく明日から取り組んでみましょう。

仕事で成果を!「出来る男」アピール

女性はうわさ話や、誰が仕事が出来るだとか、そういった話が大好きです。

もし、気になる女性がそんなタイプでなさそうに見えても、周りが給湯室などで井戸端会議をしていると必ず耳に入ってきます。

そのため、あなたは、その女性たちの良い話題として取り上げられる存在になることが遠回りのように見えて、実は良いアプローチ方法です。

「最近、○○さん、大きな契約とったらしいよ。」「○○さんは、結構部長に仕事が早くて気に入られているから…」などといったあなたの話題を持ってもらえたら、気になる女性にあなたを意識してもらう第一歩です。

このときはまだ、「へー、そうなんだ」くらいにしか思わなくても、その後のあなたの仕事ぶりを無意識に注目してくれるようになり、より話しかけやすくなるでしょう。

仕事を利用!彼女との距離を縮める

もしチームが違う場合などでも、何かしらチーム同士横のつながりがあったりしますよね。

自分の仕事をもちろんこなしながら、積極的に気になる女性のいるチームとのかかわりのある仕事に取り組みましょう。

そうすることで、「良くこのチームに顔を出してくれる、どこどこの○○さんだ」と認識してもらいやすくなります。

普段の同じチームの人間以外が来たときは自然と目が行きますので、それを利用して気になる女性の注目を集めるのも、一つの手なのです。

ただし、必ず何かしら妥当な理由を付けて顔を出すようにしましょう。

ただ理由もなく来てると思われてしまうと、「またサボりに来た…」と印象を持たれてしまうこともあります。

そのために、積極的に気になる女性がいるチームと関連の高い仕事を請け負い、「ちょっとした打ち合わせを~…」といった感じで顔を出すのがスマートです。