社内恋愛は難しい?!職場の女性に好きになってもらえるアプローチの方法4選

会社でいつも顔を合わせていると、最初はただの職場仲間だと思っていた人に対しても、いつの間にか恋心を抱くようになることもありますよね。

だけど、職場の仲間、同僚としての関わりから恋愛に発展させるのはなんだか難しそう…と、あきらめてはいませんか?

実は、社内恋愛はあなたを好きになってもらえるチャンスがたくさん転がっています。

ここでは彼女のあなたに対する好感度をアップさせる方法をお伝えしますので、さっそく明日から取り組んでみましょう。

スポンサーリンク

仕事で成果を!「出来る男」アピール

女性はうわさ話や、誰が仕事が出来るだとか、そういった話が大好きです。

もし、気になる女性がそんなタイプでなさそうに見えても、周りが給湯室などで井戸端会議をしていると必ず耳に入ってきます。

そのため、あなたは、その女性たちの良い話題として取り上げられる存在になることが遠回りのように見えて、実は良いアプローチ方法です。

「最近、○○さん、大きな契約とったらしいよ。」「○○さんは、結構部長に仕事が早くて気に入られているから…」などといったあなたの話題を持ってもらえたら、気になる女性にあなたを意識してもらう第一歩です。

このときはまだ、「へー、そうなんだ」くらいにしか思わなくても、その後のあなたの仕事ぶりを無意識に注目してくれるようになり、より話しかけやすくなるでしょう。

仕事を利用!彼女との距離を縮める

もしチームが違う場合などでも、何かしらチーム同士横のつながりがあったりしますよね。

自分の仕事をもちろんこなしながら、積極的に気になる女性のいるチームとのかかわりのある仕事に取り組みましょう。

そうすることで、「良くこのチームに顔を出してくれる、どこどこの○○さんだ」と認識してもらいやすくなります。

普段の同じチームの人間以外が来たときは自然と目が行きますので、それを利用して気になる女性の注目を集めるのも、一つの手なのです。

ただし、必ず何かしら妥当な理由を付けて顔を出すようにしましょう。

ただ理由もなく来てると思われてしまうと、「またサボりに来た…」と印象を持たれてしまうこともあります。

そのために、積極的に気になる女性がいるチームと関連の高い仕事を請け負い、「ちょっとした打ち合わせを~…」といった感じで顔を出すのがスマートです。

スポンサーリンク

彼女以外にも気配りを忘れずに!

これは、気になる女性だけでなく、出来れば周りの人みんなにやってもらいたいところですが、普段から周りをしっかり観察するようにしましょう。

体調が悪そうな人がいたら声をかけてあげたり、仕事に追われている人がいたら、自分の可能な範囲で手伝ってあげたりしてみましょう。

それはあなたのスキルとしても大変身になることですし、人としての評価も上がります。

また、社内恋愛ですから、周りにばれないのが鉄則なわけですよね。

気になる女性にアプローチする際に、今まで女性に話しかけたりしなかった人が急に話しかけると、驚かれてしまったり、注目されてしまいます。

そのため、まずは他の女性や同僚たちなど、その気になる女性に限らず、まんべんなくコミュニケーションをとっておくことで、あなたと気になる女性が会話していても、「あの二人、できてる?」という変な詮索をされることを防止できます。

仕事は仕事!公私の区別をつける

女性は、社内恋愛に少し憧れる一方で、「仕事は仕事、プライベートはプライベート」と割り切った考えの方が割と多いです。

そのため、仕事中に執拗にアプローチをしたり、仲良くなろうとして話しかけすぎたりすると、どんなにあなたのことを気になっていても「普段はいい人だけど、仕事中なんだから仕事してよ…」と思われてしまいます。

これはだいぶマイナス要素となってしまいますので注意したいところです。

仕事中は控えめに、アプローチもあくまでも業務上の話などで関わるようにしましょう。

もっとプライベートに踏み込みたいときは、昼休みや飲み会など、仕事中でない時間に積極的にアプローチしましょう。

気になる女性の仕事の頑張りを褒めてみたり、休日はどんなことをしているのか、お酒は飲む方?などと気軽な会話を交わすことで、距離が近づき、連絡先の交換などもしやすくなることでしょう。

 毎日の積み重ねが大事!

たとえば最初に紹介した「出来る男」アピールでもそうですが、すぐに成果を出すことができるものではありません。

毎日のちょっとした積み重ねが大切になってくるのです。

まずは日ごろから少しずつあなたのことを知ってもらって信頼関係を築き、彼女が仕事で悩んでしまったときに、「そうだ、あの人に相談しよう」と思える存在、彼女にとって頼れる存在を目指しましょう。