同じ電車の女子高校生に一目惚れ!恋愛に発展させるための連絡先の渡し方とは?

いつも同じ電車、同じ車両に乗っている女子高校生がとっても可愛い…!

名前は分からないけど、あの子と仲良くなりたい!

まずはどうにかして連絡先を渡したいと思っても、彼女に怖がられてもう二度と会えなくなってしまったらどうしよう…と不安になりますよね。

ましてや、高校生ですらない俺がうかつに話しかけてしまうと、警戒されてしまうのでは…?

そうです、面識がない女の子の警戒心を解くためには、まずは親しくなってから声をかけることが大事になってくるのです。

ここではその具体的な方法と、どうしても勇気がでないときの最終手段をご紹介します。

一目惚れの恋を成就させたいあなた、必見ですよ!

ナンパと思われないためには挨拶が大事

毎朝同じ電車で一緒になるからといって、女の子もあなたのことを認識してくれているとは限りません。

そのような状況で連絡先を聞いても、単なるナンパと思われて警戒されてしまいますし、手紙を渡したとしても前向きな反応を示してもらうことは非常に難しいです。

そのため、まずはナンパと判断されないように女の子に自分のことを知ってもらうための努力をしましょう。

例えばなるべく女の子に近い位置に立つことを心掛け、チラチラと目線を送り、目が合った際には会釈をするようにします。

そういった行動を何度か続け、ある程度慣れてきたら、目が合ったと同時に「おはようございます」などと挨拶をすれば、より効果的に存在を認識してもらえます。

似たアイテムを身に付けて親近感を持ってもらう

電車内での片思いの相手が女子高校生ということであれば、女の子は何らかのキャラクターグッズをカバンに付けている確率が高いです。

人間は、自分と同じ趣味を持っていたり、同じ物を好む共通点を持っている相手に対して仲間意識を抱きやすく、心を許しやすくなる傾向にあります。

そういった人間ならではの傾向を利用して、女の子が持っているキャラクターと同じキャラクターのグッズを持つと、連絡先を交換する際に成功しやすくなります。

全く同じグッズを探す必要はありませんから、女の子が持っているグッズをよく監視して、同じキャラクターのグッズを購入して目立つ場所に付けてみてください。

意識的に女の子の目線が向きそうな場所にグッズを置くことによって、数回の接触でグッズの存在に気付いてもらえます。

【PR】

※18歳以上対象

PCMAX