一目惚れした女の子に連絡先を渡すなら…OKがもらえる書き方・タイミングのご紹介

一目惚れしたものの、その後どうすればいいか分からずにあきらめてしまう人が多いです。

しかし一目惚れから結婚した人だっていますし、何もしないうちにあきらめるのはもったいないです。

そこで、連絡先を交換するためのおすすめな書き方やタイミングをご紹介しますので、勇気を出してアタックしてみましょう。

お互いの顔を認識できるようになってから

一目惚れした女の子と連絡先を交換したくなった場合、ただ闇雲に突撃しても悲惨な結果になってしまう場合がほとんどです。

まずはあなた自身がどのような男性なのかをある程度知ってもらい、自分の存在を女の子に認識してもらうことを第一に考えましょう。

一目惚れした相手がお店の店員さんという場合であれば、何度も足を運んで自分の顔を覚えてもらうことが円滑に連絡先を交換するための第一歩です。

電車や帰り道で一緒になることが多い相手ということであれば、今まで以上に女の子の近くのポジションを取るように意識し、「よく見かける人だな」と思ってもらいましょう。

お互いに顔を認識できる仲になれば、連絡先を渡しても突っぱねられたり、怪訝に思われる可能性も少なくなります。

女の子の趣味が分かれば会話につながる

いざ連絡先を交換できたとしても、会話の糸口を掴むことができなければ、女の子の気持ちを引き寄せられるようなメールを送信することはできません。

一目惚れをした女の子と簡単な挨拶や会話のやり取りができるようになったら、女の子の趣味や好みについて聞いてみたり、観察してください。

例えば女の子の好きな食べ物がわかれば、事前に女の子の好みに合致したレストランを調べやすくなり、メモを手渡す際やメールをしている最中にも誘いやすくなります。

女の子がカバンやケータイに何らかのマスコットのぬいぐるみなどを付けている場合には、原作についての話をしても良いでしょう。

相手の性格や好みをある程度掴んだタイミングで連絡先を交換することによって、その後、深い仲へと発展させやすくなります。

女の子に時間があるタイミングで

いざ連絡先を記したメモを手渡すというタイミングで、絶対に避けたいのが女の子が忙しくしているタイミングです。

【PR】

※18歳以上対象

PCMAX