一目惚れした男性に連絡先を渡したい!確実に返事をもらうための書き方とは?

一目惚れしたあの男性に連絡先を渡したい!

そう思っても焦ってはいけません。

まさか、電話番号だけをメモした紙を渡そうなんて考えてはいませんか?

まだそこまで仲の良くない人に連絡先をもらうと誰だって警戒してしまうもの。

うまくその警戒心をほぐすような書き方をすることで、その後の関係を進めていきましょう。

手書きで少し長めのメッセージを添える

まず絶対に守らなければならないポイントとしては、手紙を手書きで書くということです。

自分の字の美しさに自信が無いということであったとしても、パソコンを使って印刷するのではなく、必ず手書きで連絡先とメッセージを記してください。

機械による字は無機質で冷たさを感じさせてしまいますし、何よりも男性は女性による「手作り」の品を好みます。

まっすぐな気持ちをそのまま男性に受け取ってもらうためにも、手紙は手書きで書かなければなりません。

また、手紙に連絡先だけが記されていては男性も困惑してしまいますから、何らかのメッセージを添えるということも必要です。

単純に「連絡を下さい」というだけの短文ではなく、あなた自身の自己紹介や、男性を知ることになったきっかけ等を書けば、男性としても返事がしやすくなります。

連絡先の手段は必ず複数記載する

最近ではキャリアメール等を使用してやり取りを行う人は減っていますが、こういった手紙では連絡を取るための手段を一つに絞ってはいけません。

例えばLINEのIDだけを記していた場合、男性はLINEに登録していない可能性もありますし、登録していてもいきなり友達登録をすることに抵抗を感じる場合もあります。

電話が苦手という男性も多いですから、電話番号だけを書いていては、あなたに興味を持ってくれていたとしても連絡をしてくれない可能性もあります。

反対に、電話やメールは嫌だけどLINEだったら大丈夫、という男性も存在します。

男性にとって最も気軽な方法で連絡を取ってもらえるように、LINEのID、メールアドレス、そして電話番号と、複数の連絡手段を記しておきましょう。

【PR】

※18歳以上対象

PCMAX