デートに友達を連れてきた女性…脈なしかどうか見極めるポイントは?

2人きりだと思っていたデートに彼女の友達が登場!

少しショックですよね…

俺と2人で会うのが嫌ってこと?と思ってしまうと思います。

しかし、女性がデートに友達をつれてくるというのはあながち脈なしとは言いがたい場合もあるのです。

そこで今回はどのようなときに脈なしと言えるのかをご紹介します。

あなたと2人きりが単に緊張するからかも

女性の中では男性慣れしていなくて、初めて会う男性とはとても緊張するときがあります。

その男性とデートの間二人っきりで過ごすのはとても緊張していまします。

時には息苦しくなってしまうほどです。

緊張していると、思っていることや伝えたいことが言うことができません。

そういったときに友達のアシストがあると、助かることがあります。

そして友達の顔を見るとリラックスして、安心しておしゃべりすることだってできます。

この場合は女性の様子を見ていると分かるかもしれません。

そしてこの状態を解除するには慣れていくことが肝心です。

最初の間は距離感が難しいですが、複数回重ねれば自然に慣れが生まれてきます。

慣れてくれば友達のアシストがなくても、女性が大丈夫になりますので、それまで待っていれば大丈夫です。

この場合、脈なしではなくなります。

友達にあなたを判断をしてもらっているかも

友達は女性のつき合っている男性について話をよく聞いているのかもしれません。

そして時には恋愛の相談や、時には深い悩みなどを聞いていることがあります。

友達は、女性の話を聞いているとどうやら問題は女性にあるわけでなく、男性にあると判断することがあります。

そういった恋愛を女性が繰り返していると、女性が恋愛に対して自信がなくなって、恋愛に自由に進めなくなってしまいます。

そんな時に大切なのが友達の判断です。

最初の間のデートは友達に付き添って一緒に話をして、楽しそうに過ごします。

男性側は自分が判断されているは嫌になるかもしれません。

しかし男性側にやましい気持ちがなければ乗り越えられることです。