女性との曖昧なズルズル関係…男性から後腐れなく断る方法は?

この女性とはもう一度きりでいいか…と思っても、その女性から誘われ続けて上手く断ることができなかったりしませんか?

特に優しい男性や、他に好きな人がいない男性に多いです。

では、今後会うのが面倒だからもうお断りしたい場合はどのように断ればうまくいくのでしょうか?

スポンサーリンク

上手に断りたい!曖昧な女性とのズルズル関係

今回は「曖昧な関係を男性から上手に断る方法」を紹介します。

男性の中には、複数の女性と曖昧な関係になりがちな人もいます。

特にクリスマスや年末年始など、イベントの多い時期にはありがちです。

複数多数の女性、全員とイイ関係であれば幸せそのものです。

ですが、関係を続ける意味があるのか不明な女性がいる場合も多いです。

メルアドや電話番号は聞いたが連絡しても反応がイマイチな女性もありがちです。

何回かデートはしても、毎回お茶を飲んだだけで終わりの女性もありがちです。

ただのお友達にはなれても、それ以上に進展する気はない女性もありがちです。

そんな女性に関わるのは、実は時間のムダです。

そこで今回は、そんな曖昧な女性との関係を上手に断る方法を紹介します。

最も簡単「他に本命女性が現れた」

曖昧な女性との関係の断り方、最も簡単な方法は「他に本命女性ができた」と宣告することです。

実際にいなくても、誰か見つかったフリをすれば簡単です。

この方法は簡単ですが、一つ注意点があります。

実際はいないことが発覚した場合、かなり気まずいということです。

なので、曖昧な関係だった女性とは遠ざかる必要があります。

「他に本命女性ができた」と言った後は、あまり連絡をとらないようにします。

まれに欲深な女性で「他に本命女性がいてもいい」という人がいます。

中には「他に本命女性がいてくれたほうがいい」という女性もいます。

「私とは、たまにデートだけしてほしい」という女性です。

ですが、こういう女性はあまり連絡しないほうが無難です。

この機会に上手いことフェイドアウトしましょう。

スポンサーリンク

確実に断りたい場合は「近く田舎で縁談」

曖昧な女性との関係の断り方、こんな方法もあります。

例えば「実家の親から縁談の話がきた」と言うことです。

「実家の親の知人の紹介なので、断れなくて困っている」と言うとよいです。

そして、しばらくあまり連絡をとらないようにします。

この方法の場合、後から辻褄を合わせるのも簡単です。

しばらくの期間の後「今回はまとまらなかった」と言えばよいので簡単です。

ただ、この方法も若干の難点があります。

時期によっては、他に女性を探すのが難しくなる場合もあり得ます。

縁談の話を言ってから数ヵ月間は、他に女性を探そうとすると矛盾します。

例えば、合コンや婚活イベントに参加したら矛盾します。

「おまえ、いま縁談の最中じゃないのかよ」と言われます。

この点は注意して下さい。

上手く断る秘訣は入念な計画と緻密な行動

曖昧な女性との関係の断り方、探せば良い方法があるものです。

ですが、どの方法も注意点があります。

ウソをつく場合、後からバレたり矛盾しないように細心の注意が必要です。

作戦としてウソをつく場合、発言に責任を持つ必要があります。

ウソは架空の内容ですが、実在のように扱うことが重要です。

またウソをつく場合、万一の「後から発覚する可能性」もあります。

これも事前に検討、入念に考えておく必要があります。

作戦としてウソをつく場合、後から発覚しても何とかなるものが良いです。

逆に、後から発覚したら大問題になるようなものは禁物です。

また作戦を考える場合、後からどうなるかに関して事前の検討が重要です。

後から行動に制約ができたり、何らかの支障ができては厄介です。

曖昧な女性との関係を断るのも、場合によっては一大ミッションです。

事前の入念な計画と緻密な行動で上手にミッション完遂して下さい。

 嘘をつくときには堂々と!

はっきりと「もう会う理由がないから」と伝えてしまっては相手の女性を傷つけることにもなりかねますし、あなたの評判にも響きます。

ですので嘘をつくのは時に必要なことです。

嘘をつく際には、堂々とつきましょう。

ポイントはあなた自身がその嘘を本当のことだと思い込むことです。

嘘について深く追求されたときにも対応できるよう、事前にシミュレーションを重ねておきましょう。