夫とは別々の道を進みたい…円満に離婚するための切り出し方とは?

新婚のころはあんなにラブラブだったのに、一度別れたいと思ってしまえば気持ちが冷めるのは早いもの。

長い人生の中には離婚を切り出すときだってやってきます。

そんなときどうやって夫に切り出すべきなのか?

今回は、円満に夫と離婚をするためにおすすめの切り出し方をご紹介します。

感情的にならずに常に冷静さを保つ

離婚を切り出した際に、夫がどんな反応を示すかは、その時になってみないと分からないもの。

「分かった」と離婚をすんなりと決意してくれることもあれば、感情的になって怒りだしたり家から飛び出してしまうこともあるかもしれません。

夫がどんな反応で出てこようとも、切り出す側は冷静さを常に保つことが必然で、円満に解決するためには、自身が感情的にならないようにすることです。

感情的になってしまえば、文句や罵声が飛び出したり、思ってもいないことまで言ってしまうもの。

そこから離婚への道のりは長くなり、話し合いの場すら設けられない状態になりかねません。

いかなる時も冷静を保つ必要があり、切り出す際から覚悟を決めて臨むようにしましょう。

顔を見ないで切り出す方法もおすすめ

急に「離婚したい」と言われても、相手は気が動転しパニックになってしまうものです。

自分は離婚に対して決意を固めていても、相手はその瞬間に初めて離婚を意識するようになり考え出すようになります。

夫の気持ち的に準備をさせるつもりで、切り出す際に初めはメールやLINEを活用すると良いかもしれません。

衝撃に違いはあるとしても、面と向かって言われるよりは自分の中で整理しやすくなり、また相手が目の前にいないことで感情的になりにくいものです。

二人が離れている間に、離婚したいということをメッセージで送り、夫に自分に会う前に心の準備をしていてもらうこと。

こうすることで、離婚の切り出しがスムーズになることが多いのです。

お互いに離婚に対して落ち着いた状況で話し合う為にも、一度相手に心の準備をさせておくと良いでしょう。