信じてた嫁の浮気が発覚!嫁にはどんな対処をすれば良い?!

 俺の嫁だけは大丈夫だと思っていたのに…!

とは言っても起こってしまったことは仕方ありません。

離婚するべきか、このまま結婚生活を続けるべきか…?

なかなか人にも相談しにくい内容であるからこそ、あなたの考えが大事になってきますのでぜひこの記事を参考にしてください。

スポンサーリンク

許すことが出来ないなら離婚の覚悟を

嫁が浮気したことを、男として許せないという思いでいる場合は、覚悟を決めて離婚という対処法があります。

離婚というのは、世間体もあるためになかなか踏ん切りがつかないものであり、嫁と過ごした時間が長ければ情もあるため覚悟を必要とします。

しかし、浮気されたことをずっと根に持ち、ネチネチと責め続けてしまったり、喧嘩ばかりになるくらいなら、離婚した方が良いケースもあるのです。

夫婦には信頼関係が必要であり、その信頼関係がなければ、喧嘩が増えすれ違いも多くなる。

加えて浮気されたことが頭から離れず、相手を恨むような気持ちを持ってしまうのであれば、別れる手段を選ぶことも必要です。

自分にとって「嫁がいない家」よりも「浮気した嫁が許せない」という気持ちの方が強いのあれば、決意して離婚という手段を考えてみましょう。

嫁と一度真剣にぶつかってみる

浮気されそうな前兆があったり、浮気されてもおかしくない状況にあったのに、それを見て見ぬふりして過ごしてきてはいませんか?

仕事が忙しいことを理由に嫁の話を聞かなかったり、家事や育児をしてくれている嫁に感謝の気持ちを述べなかったり。

浮気という事実が発覚して初めてすれ違いや相手の気持ちに気付けることもあります。

浮気ということ自体はまず置いておき、二人で真剣にぶつかる機会を設けてみてください。

不満に思っていること、どうしても許せないと思っていることを溜めているだけではなく、解決するためにぶつかってみるのです。

この衝突を恐れて逃げてしまっている夫婦の場合、片方が他の異性に求めてしまうという流れが出来てしまい、今この浮気を許したところでまた同じ過ちを犯してしまう可能性があります。

お互いに思っていることをぶつけ合い、嫁の不満を聞くことも、嫁に不満をぶつけることも必要な時期だということを意識してみましょう。

スポンサーリンク

嫁に深く反省させる

浮気に至った理由や原因は様々あることでしょう。

だからといって浮気は肯定できること、褒めれることではありません。

いくら寛大な心の持ち主であっても、嫁が浮気したとなれば許せない気持ちを持って当然のこと。

二度と同じことを繰り返さないように、嫁には自分が納得するくらい反省させる必要があります。

例えば嫁の両親に浮気の事実を伝えて一度実家に帰らせることや、自由な時間をしばらく持たないように制限をかけるなど、嫁が「困ること」「辛いこと」を経験させると良いでしょう。

要するに「罰を与える」ことで更生をはかり、今後も夫婦としてやっていく上で、嫁には責任や事の重大さを分からせてあげることが必要なのです。

「浮気をしたら嫌な目に合う」ということを認識させ、次に浮気に走らないように対処しておくことは、自分にとっても重大な行動です。

外に出て仕事をするように説得する

嫁に自由な時間が多くあったり、体力が有り余っていると、浮気という悪い方向へ身を委ねてしまいやすいです。

家事をして育児もしている嫁を労わってあげたいという思いで仕事をさせないでいたのなら、この機会に社会に出ることを勧めてみましょう。

社会に出ることによって時間を拘束され、そこに責任が付きまとうようになり、男性の社会的立場も理解できるようになります。

そしてそれまで自由にできた時間も仕事で埋められ、浮気をしている余裕を持てなくなります。

結婚を機に仕事を辞めてしまった人は、時間の使い方が分からなくなったり、社会から見放されたような感覚を持ち、結果浮気という形で発散することがあります。

夫自体に不満がなくても、時間や心の余裕から浮気に走る女性も少なくないのです。

こうした嫁には、やるべきことや責任を与えることで、浮気への関心が薄れるもの。

短時間でも、決められた時間何かに没頭する・集中する時間を与えた方が今後の浮気防止に繋がるでしょう。

おわりに

ただの恋人ではなくすでに夫婦なのですから、離婚ともなると法的手続きなどもあります。

子供がいる場合はもっと多くの悩みもあるでしょう。

そんな中、何より1番大切なことはパートナーとよく話し合うことです。

できるだけ冷静に嫁と話し合って、今後どうするのかを決めていきましょう。