女性からの食事のお誘い!「これって脈あり?」判断する4つの基準

気になる女性から食事のお誘いが!

ただの社交辞令なのかそれともデートのお誘いなのか気になりますよね。

水族館や遊園地などの定番デートスポットへの誘いならともかく、単なる食事の場合は脈ありなのか判断するのが難しいです。

そこで今回は、誘われた食事のパターンによって脈ありかどうか判断できるポイントを4つご紹介します。

流れた約束の埋め合わせは年齢による

男性から一度食事の誘いをしたものの、女性の都合がつかずに断られ、その穴埋めとして食事に誘ってきた場合は、相手の女性の年齢によって脈ありかどうかを見極めることが出来ます。

その女性の年齢が若ければ若いほど脈ありと捉えることができ、逆に30代以上になる場合は、「義理」の可能性が出てきます。

社会経験を多く積んでいる女性にとって「断る」という行動は、「申し訳ない」「借りを返さないと」という思いを持つことが多く、そこに興味や好意がない場合でも誘うことがあります。

ただし10代20代前半となれば、そこに義理の感情は持ちにくいため、穴埋めだとしても「興味があります」という一種のアピールになり、脈はありと判断しても良いでしょう。

ただの暇つぶしなら脈なしかも

「友達との予定がなくなった」とか「急に暇になった」という前提があっての誘いであれば、脈なしと言えるでしょう。

また、こうした女性の場合は、男性から好意を持たれていることに気付いており、その気持ちを利用している可能性もあります。

いわゆる「都合の良い男」として見られている可能性が高く、お財布目当てで誘ってきている場合もあるかもしれません。

脈ありかを出来るだけ早めに判断したい場合は、誘ってきた時に「急にどうしたの?」と問いかけてみると理由を探ることが出来ます。

その時に暇つぶしによる食事の誘いだと分かった時は、一度断るという選択をしてみても良いかもしれません。

女性の思い通りにはいかない男であることを意識させるだけでも、その後の関係が異なってくるものなのです。

「ご馳走したい」は脈ありの可能性大!

男性に奢られるのが目的ではなく、男性に喜ばれることを目的とした食事の誘いは、脈ありの可能性が高いと言えます。

「あなたの成功を祝いたい」「あなたの誕生日を祝いたい」といった内容で、女性が奢ろうとしている姿勢が見えたら、食事がメインではない場合が多いのです。