このLINEは脈あり?LINEの返信でわかる男性の気持ち

また、「ゴメン、その日は別の予定が入っているから土曜日はどう?」など、向こうから別日の調整連絡が来た場合は、脈があると考えていいと思います。

LINEの頻度と気遣いは?

今までの2項目が当てはまっていない場合、というのが前提にはなりますが、普通に連絡のやり取りが出来ている場合は、回数は別としてほとんど毎日のように連絡のやり取りがあるはずです。

マメな連絡が取れていて、朝に「おはよう」とか夜に「仕事お疲れ様」などが文章に入っていればかなり脈はあると考えていいでしょう。

他人というよりももっと近い間柄だと男性が判断している証拠であると言えます。

脈がない人の返信は、用件に対する返答のみ、しかもいつ連絡が来てもお疲れ様、おはようなど相手をねぎらうような文章は入っていないはずです。

マメな連絡のやり取り、なおかつおはようやお疲れ様など会話に近い文章が入っているようなら、脈アリと見ていいでしょう。

脈アリにさせる上手な話の膨らませ方

そもそも相手が返信しなければいけないような、相手にとってなんとなく気になる、興味があるなどと言った感情にさせるような連絡のやり取りもポイントの一つ。

質問ばかりでは相手も飽きてしまいます。

自分もそうだと思いますが、初めて会う人に毎回同じ質問をされていませんか?

「出身は?彼女いる?仕事何してるの?」などなど。

気になる気持ちはもちろん分かりますが、質問ぜめだとうんざりしていまいますから、一つの質問を膨らませるように努力しましょう。

あなた「出身はどこ?」

男性「香川だよ」

あなた「あれ!?香川って讃岐うどんが美味しいとこだよね!俺、凄い好きな食べ物なんだよねー!」

男性「へぇー!でも、意外と地元だと食べないよ」

あなた「名物って意外とそうだよね!俺の地元は明太子が名物だけどあんまり食べないもんなぁー。ちなみに君はなんの食べ物が好きなの?」

こんな感じで一つの質問を盛り上げつつ、次の質問をしていく事で会話を楽しんでもらうというのも、相手を脈アリにさせるコツかもしれませんよ?

おわりに

いかがでしたか?

返信も遅い、デートの誘いは断られる、返信がそっけない。

このような場合は、残念ですが次の人を探したほうがいいのかもしれません。

ですが脈ありと判断した場合は、積極的にLINEを活用して意中の男性との距離を縮めていきたいものですね。