LINEで誘いを断れた後に使える、あの子を振り向かせる方法

あなたが連絡ツールとして最初に思い浮かぶのは何ですか?

最近はLINEが広まっており、ほとんどの人がLINEで連絡を取り合っているのではないでしょうか。

LINEのおかげで直接は伝えにくい気持ちも簡単に送信することができます。

しかし、その一方でメッセージを送られた側からすると気軽に断ることができるのも確かです。

気になる女子を誘ったものの相手にされなかった…

これは男子の永遠の悩みです。

そこで今回は、LINEで誘いを断られてしまったあとの効果的な再アタック方法についてお伝えします。

スポンサーリンク

LINEはコミュケーションツールとして便利だが…

近年はLINEがコミュニケーションツールとして一般的になっており、スマートフォンを所持していればほとんどの人がLINEのアプリを入れています。

LINEのトーク機能を使って私的な連絡や他愛のない会話の他、仕事上の連絡などもLINEで行っているという人も多く、生活には欠かせないコミュニケーションツールとなりました。

今では電話やメール以上に活用している人が多いでしょう。

そのため恋愛に関しても気になる人との連絡はほぼ全てLINEでやりとりし、さらに誰かをデートに誘ったり、挙句のはてには告白すらもLINEでするという人もいます。

ただ、ちょっと待ってください。

LINEは気軽にコミュニケーションが取れるのがいい点ですが、裏を返せば気軽なコミュニケーションしか取れないということです。

LINEのトーク機能だけでは気持ちが伝わるわけがない

LINEのトーク機能を使ってリアルタイムに会話ができたとしても、それはあくまでスマートフォンの画面に出てくる文字やスタンプの情報を眺めるだけです。

当然これでは本気度や気持ちが相手に伝わりづらく、女子からすれば軽い社交辞令だと受け止められて流されてしまうことがあります。

特に、女子と男子とでは異性から誘われる回数が絶対的に違ってきます。

女子は誘いを受けることが多いので、そもそも誘いを断ることに慣れていたり、警戒心を持っていたり、サラッと受け流すスキルを身に着けていたりします。

ですので、なんの捻りもないままただLINEでデートの誘いを仕掛けたとしても、彼女たちの中では「あぁ、はいはい」といった感じで事務的に処理されてしまうのです。

また、ことさら厄介なのが最近では「無視」といった方法で一方的に会話を絶つ人が増えてきたことです。

誘った側としてはこれはかなりのパンチ力。

再アタックの勇気がくじかれてしまうことになりかねません。

スポンサーリンク

ベストはLINE+電話

LINEは確かにコミュニケーションを取るのに便利なアイテムですが、だからといって人の誘い方としてはふさわしくない場面もあります。

そのため、真剣なデートの誘いなどであれば、LINEだけでなく電話をかけて直接誘い文句を言うことがポイントです。

「LINEが当たり前のこのご時世になにを・・・」

と思われるかもしれませんが、他の人がやらないからこそ効果があるのです。

ただ、いきなり電話をかけることに抵抗がある人もいるいかと思うので、そういう時はLINEのトークで気になる女子に対してそれとなく好きという意思表示をしたうえ、電話につなげる流れに持っていきましょう。

そして、電話の中でデートの誘いを切り出します。

これはかなり勇気がいるかもしれませんが、相手の女の子もそのことは百も承知です。

ですから、その方が本気度や気持ちが伝わるわけです。

一度断られた後でも電話は有効

一度、LINEのメッセージで誘いを断られたとしてもまだ諦めないでください。

今度は電話で誘いをかけましょう。

「うざいと思われる」とか「嫌われるかもしれない」と少し抵抗があるかもしれませんが、安心してください。

テキストでのコミュニケーションが中心な今、電話で相手の声を聞く体験というのは思った以上に楽しく、印象に残るものです。

もともと女子は話すのが好きな生き物として有名ですから、迷惑な時間帯でなければ相手も楽しんでくれるものです。

そして、もし楽しませることができれば相手のテンションも上がるので、盛り上がったタイミングで誘えばOKをもらえる確率はグッと上がります。

断られた後が大事

いかがでしたか?

重要な話であればあるほど文字だけのLINEではその真剣な気持ちが伝わりにくいです。

一度LINEで断られてしまったからといってあきらめるのではなく、大事なのはその後の行動。

電話をかけるのはほとんどの人が怖いと思っているからこそ、チャンスなのです。

自分の思いをしっかりと伝えましょう!