彼女の作り方だけど、田舎人は都会に出たらそれだけでモテるからね

「田舎だからなかなか彼女ができないのかな・・・」

なんて悩みありませんか?

心底彼女が欲しいと思っているならなら、田舎から都会に出てみるのはどうでしょう?

なんてったって、都会では田舎出身男子がモテるのですから!

田舎で彼女ができないのは単純に出会いが少ないからです!

怖がってないで、いっぽ踏み出してみませんか?

踏み出した先では、彼女がなかなかできなかったのが嘘かのように人生激変するかもしれません。

都会の1年は田舎の30年

「都会に出れば彼女ができるよ!」と言われたところで、「そうは言っても今の仕事があるし、すぐにここから出られるわけではないし…」と思うのは当然のことです。

これはごもっともな意見です。

ですが、田舎と都会は本当に出会いの母数が違います。

感覚的な体感値でいうと、都会で1年暮らせば田舎で30年暮らしたのと同じくらいの出会いの差があります。

親や親戚に「結婚はまだなのか?」なんて急かされ続けてうんざりしながら毎日を過ごしたいのであれば田舎暮らしも悪くないと思います。

雀の涙ほどの数少ないチャンスにかけるのもいいでしょう。

でも、女性が相手をしてくれるのは10代、20代、30代の若いうちが華です。

田舎でのんべんだらりとチャンスを待ちぼうけるか、社会勉強をかねて都会に繰り出し、荒波にもまれながら経験を重ねて、嫁候補を見つけて田舎に戻るという選択肢もあるのではないでしょうか?

田舎男子が女性にウケるわけ

私は大学卒業後、社会人になってから田舎から都会に出てきた口です。

私の友人にも仕事に区切りをつけ、都会にでてきた友達が何人かいます。

最初こそ都会の喧騒にビクビクとしながら過ごしていた彼らですが、今ではすっかり都会に馴染んでいます。

そして、彼らに共通することはビックリするくらい全員モテているということ。

さりげない会話で出る田舎特有のなまりが女性の癒やしになったり。

自然がたくさんある場所で育ったからこその、細かいことを気にしないワイルドで男らしい性格。

そして、不器用ながらも素直で嫌みのない女性への優しさ。

こうした田舎男子特有の魅力が都会女性にウケているみたいです。

それまでお金を中心に男性を選んでいた女性でさえも、「人間お金じゃない」と思える魅力が、田舎男子にはあります。

都会といえども、なにもビルが建ち並んだ場所に住めというわけではありません。

都会からちょっと外れた所なら落ち着いた場所もたくさんありますし、たくさんの自然にかこまれた場所もあります。

都会で働けば女性と出会えまくれる

田舎から都会に出てきた時のイメージがあまりわかないかもしれないので、先ほど話にでてきた友人のケースを紹介します。

田舎から都会に出てきた友人はまず都会で職を探しました。

都会に働き口がゴロゴロ転がっているので、仕事を選ばなければ職に困るということはまずありません。

そして、ひとたび働き始めれば、バイト先や職場などで女性と関わる機会が急増します。

同じ職場の女性との出会いもそうですが、お店に来たお客さんの女性と仲良くなることも結構あります。

友人が都会に出てきたとき、彼はとりあえず飲食店でバイトをはじめたのですが、お客さんから気に入られて段々仲良くなり、その後、その女性と大人なデートまでするようになりました。

なまりが武器になる

彼女が友人を気に入った最初のポイントは、しゃべりの”なまり”にありました。