31歳で出会いがなかった俺が23歳の彼女を作って結婚できた方法

30歳、それは「若さ」という特権から解放され、後戻りできない一本道への入り口。

結婚適齢期なんて時期も、沖合いから見える砂浜のように次第に遠のいていき、そしていずれは見えなくなる、

そんな厳しい現実が見えてくるお年頃です。

なのに彼女がまだいない。

でも、まだ慌てるような時間じゃない。

スラムダンクの某エースも言ってました。

だって、男は30歳を超えてからって言うでしょう?

スポンサーリンク

30歳、出会いが激減

さて、これは彼女がいない男性、全員共通の悩みですが「いい相手がいない」。

これが一番の悩みのタネかと思います。

ベーシックな出会いの場としては、職場・仕事関係(自社・あるいは他社)での知り合い、あるいは友人・知人からのツテによるものでしょう。

しかし、30歳にもなると仕事でそれなりのポストについて仕事も忙しくなり、出会いを求めに行く時間が減ります。

また、同世代の男友達や女友達も結婚しはじめ、友人の紹介での出会いもめっきり減ってしまいます。

ですが、あなたは根本的にこう思いませんか?

「そんなことで相手に出会えるなら、とっくにもういい女に出会っているよ」と。

出会いは、作れる

「かわいいは、作れる」

こんなキャッチコピーを聞いたことはありませんか?

これと同じように、

「出会いは、作れる」

そう、出会いは作れるんです!

ヒントはインターネットの活用です。

今の30代はいわゆる昭和世代最後の生き残りで、子供の頃はファミコン、インターネット発展期に青春時代に迎え、携帯だってスマホだって生活の一部として馴染みがあります。

たぶん、あなたもガラケー使ってましたよね?

ですので今の40代、50代の人よりもずっとネットに関して詳しいし、10代、20代よりも酸いも甘いも経験済みの世代です。

そんな30代がネットでの出会いを選択肢に入れないなんてあり得ない!

みすみす出会いのチャンスを毎日逃しているようなものです。

もちろん、ネットの世界は不特定多数の人が利用しているので、時には肩透かしを食らって後日の笑い話のネタになる可能性もあります。

でも、こう思いませんか?

「20代のぴっちぴちの若い女子と知り合える・・・」

そう、あなたが知らない無限の可能性が待っているんです。

スポンサーリンク

ネットで出会った23歳の彼女

実は私の奥さんはネット(出会い系サイト)で出会ったお相手です。

出会った当時、相手はまだ23歳でした。

某大手の出会い系サイトを通じて知り合い、3年半の交際を経てゴールイン。

私は31歳の時に初めて出会い系を使いました。

もちろん、はじめは怖かったですがそれでも「試しに…」という軽い気持ちで始めたものでした。

今の奥さんとは5人目のコンタクトで知り合った女性ですが、最初は挫折の連続でした。

メールを送っても送っても返事が来ない、お金だけが無駄になくなっていく・・・。

でもそれはそうですよね。

誰だって下手な鉄砲数打ちゃ当たる的なメールを送られても、「こいつはスパムロボットか!」といって相手をしてくれるはずもありません。

しかし、きちんと「この相手だけだ!」と決めて腰を据えていけば、相手にもそれが伝わるものです。

事実、うちの嫁も言っていました。

「来るメール、来るメールすべて遊び目的な感じばかりだった」

「そんな中、あなただけがまともそうなメールだった」

そう、つまりネットでの出会いは遊び目的が多い。

そこで、誠実さをもって接すればどうでしょうか?

ネットの出会いも現実と同じなんです。

画面の向こうにも相手がいて、心があって感情豊かな女の子が存在しているのです。

それに気づくかどうかだけだったんですね。

ちゃんと誠実に対応すればネットは有力な出会いのツールとなってくれます。

出会い系はツール

インターネットでの出会いはそれまで自分の人生にまったく縁のなかった、あるいは普通に生活していれば絶対に出会うはずのなかった人と人を結びつけてくれるツールです。

出会い系と聞くと印象悪いような感じですが、お見合い斡旋や街コンなんかも結局本質的な部分は同じです。

人と人が結びつける出会いの場なんです。

最後に私から一つアドバイスです。

ネットで出会えたから簡単に他の相手もまた探せるさ、なんていう気持ちだとなかなか上手くいきません。

しかし、この相手と共に生きていこうという、まっすぐで真摯な心を持って優しく接していけば、リアルでは決して出会えなかった、最高の相手と出会うことができます。

【PR】

※18歳以上対象

PCMAX