彼女を友だちに紹介するときに考えるべき5つのこと

彼女との交際が真剣なものになってくると、彼女を紹介する機会が増えてくると思います。

なんでも話すような間柄の友だちに対して彼女を紹介するのは大きなステップのひとつです。

友だちと彼女が仲良くなってくれることも、今後のあなたの人間関係において重要になっていきます。

そこで今回は、友だちへの彼女の紹介の仕方と、その後の付き合い方についてお伝えしたいと思います。

普段から自分の人間関係について話しておく

友だちに会うから彼女に会えないとか、彼女に会うから友だちに会えないということありますよね。

友だちや彼女など親しい関係にある人たちには、普段から自分の人間関係がどのようなものかを話しておきましょう。

気をつけなければならないのは、それぞれについての悪口を避けるということです。

楽しい思い出や、それぞれのいいところを話すようにしましょう!

そもそも紹介する機会を作るべきか?

わざわざ自分から率先して彼女を友だちに紹介する機会を作る必要はありません。

友だちから会ってみたいと言われたら紹介するようにしましょう。

友だちと彼女というのは、ある意味ライバル関係にあるとも言えます。

あなたをめぐって、どっちが大切なのか考えることだってあるのです。

なので、普段から友だちには彼女、彼女には友だちの話をしておいて、自分にとってそれぞれがどのような存在なのか伝えておくのがベストだと思います。

そうすることで、2人はライバルではなく、それぞれ違った意味での大切な人ということを理解させていきましょう。

ダブルデートで紹介すべし!

友だちにも彼女がいる場合、ダブルデートでそれぞれの彼女も交えて食事などをするのがおススメです!

お互いの大切な人を紹介しあえるということで、友だちも彼女もとてもハッピーな気持ちになります。