男の頭皮のしつこい臭いの原因と撲滅法

一日仕事を終え帰宅途中、頭皮から何か嫌な臭いを感じたことはありませんか?

また、奥さんや知人の方にそのことを言われたりされたことはありませんか?

一生懸命働いたからこその男の嫌な臭い、今回はその臭いを無くすためにどうすべきかを書いていきます。

頭皮の臭いの原因

この臭いの原因というのは、何項目かで原因があり、そのそれぞれが嫌な臭いの原因となっています。

まず一つ目に、頭皮の皮脂が細菌により分解され、その時の臭いが嫌な臭いとして感じます。

二つ目に、皮脂の酸化が原因の臭いがあります。

三つ目として、ホルモンバランスの変化により、皮脂の分泌量が増えることが原因の場合もあります。

では、細かく上記三項目の原因、抑制の仕方を説明していきます。

皮脂が原因の臭い

皮脂が原因、というのは頭皮にでている人間の脂分のことです。

これを細菌が分解するので嫌な臭いが発生するのですが、一番簡単な解決法としてはやはり洗髪です。

洗髪により頭皮の殺菌、皮脂を洗い流すことで、臭いを元から断つことができます。

ですがここで注意しなければならないのが、洗髪時に使うシャンプー、トリートメントの流しです。

ほとんどの方が自分で思っている以上にちゃんとシャンプーなどの薬剤を洗い流し切っていません。

私は仕事柄よく人に洗髪することがあるのですが、流しを教えるときは普段自分で流す二倍は流すように教えています。

ここでもししっかりとした流しができない場合、頭皮に残留したシャンプーを餌に細菌が繁殖し、皮脂の分解が活発になり、結果としてさらに臭いが悪化していきます。

ですので、もし頭皮の臭いが気になる場合、いつも以上に流しを徹底してください。

また、シャンプー自体はやりすぎると本来なくてはならない皮脂まで落としてしまうことになるので、一日通して一度に抑えましょう。

トリートメントも上記と同じく、残留すると細菌が繁殖して臭いを放ち、なおかつ髪のダメージケアのはずが、残ったトリートメントが毛髪への直接的なダメージへと繋がりますので、注意してよく流していきましょう。

また、洗髪後は頭皮を湿らせておくと細菌の繁殖の原因となります。