男のモテる条件と秘訣!顔がいいヤツほど要注意!

男は女性と違い、化粧をしなかったりどうしても自分磨きを怠ることが多いです。

今回はモテたいけどどうすればいいのかわからない、そんな男性をモテる男へと導いていきたいと思います。

モテる男になる秘訣と、イケメンではなくてもモテる方法をここに書いていきます。

まず第一印象を変える

まず第一に、なによりも手っ取り早く取り掛かれることがあります。

それは、できるだけ表情豊かにすることです。

表情が薄い、あまり喜怒哀楽を外に表現しない人はどうしても暗い人だと思われがちです。

ありのままの自分をだすのはお近づきになれてからで、まずそうなる入り口に近づくためにもっと感情を表に出していきましょう。

少しオーバーくらいでいいので、できるだけ喜んだり、笑ったりといったことを意識してください。

ここで大事なことは、怒り、悲しみの表現はあまりださないことです。

この二つの表現は、親密な関係になったのち、その相手にだけ見せる特別な感情にしましょう。

こうすることにより、その相手の人が自分は特別だ、と感じてくれます。

周りの人には笑顔を絶やさず、特別な人には少し弱みを見せる、いやらしいようですが、これはとても大事なことです。

これだけで、女性はあなたを信用してくれますし、あなたもその女性に対して心を開きやすくなります。

身だしなみを整える

これは、服装や髪形だけではなく、肌の手入れや爪、自分の体臭にまで気を使う、という意味です。

あなたは普段出かけるときに必ずすることはありますか?

香水をつけない、整髪料をつけない、よれよれの服、髭を整えない、眉毛がぼさぼさ、どれもあなたの魅了を落とす行為です。

この中でどれが一番か、というものはありません。

「香水を適量つける、またつけてはいけないような場では無香料の消臭スプレーを。」

「髪型を整え、整髪料でその場にあったヘアスタイルに、ビジネスシーンとプライベートで分けるように。」

「私服のシャツはアイロンをかけ、普段からできるだけ小奇麗な格好を心がける。」

「髭を剃る、または残すのであれば綺麗に整え、眉毛は細くなりすぎないように産毛を剃り、毛の長さを短くする。」

全てをこなしていきましょう。

慣れるまではぎこちなくていいので、少しずつ自分の日常生活に溶け込ませていきましょう。

女性が化粧をしないで出歩くことが失礼にあたる、というのは聞いたことがあると思います。

男性にしても本来はそうでなければいけません。