スタイリストがメンズに教える美容院で失敗しないためのコツ

メンズ専門でスタイリストをしている私ですが、今回はあなたに髪型を注文したときに失敗しずらい方法を伝授します。

特に、普段からお任せと注文して、なんかうまくいかないなぁ、なんて人には必見のこの記事です。

スタイリスト目線から、あなたが満足するようなヘアスタイルになるためへの道のりを解いていきます。

お店に行く前にしておきたいこと

もし、したい髪型が決まっている場合、必ず写真を持参しましょう。

インターネットで画像を検索するでも、ヘアカタログを持参するでも結構です。

そして、もし思い描いた画像が見つからない場合には、一番それに近い髪型の画像と、短くしたくない箇所、短くしたい箇所をあらかじめ決めておきましょう。

なぜ写真を持っていくのかというと、私たちはプロとはいえやはり相手の考えを完璧に把握することはできません。

普通や、短め、長めという注文だけですと、あなたとスタイリストの方との基準が必ず違ってきます。

それが画像を通すことにより、より明確に、正確にスタイリストの方へ伝わるのです。

芸能人などの写真を持っていくのが照れくさいかもしれませんが、私たちはその画像に対して髪型を見る以外の感想は持ちません。

むしろ、持ってきていただいたほうがとても有難いのです。

あなたの理想の髪型になるために、またスタイリストの方の理解を深めるために、両方がうまくいくためにも是非気に入った髪型は画像で説明しましょう。

したい髪型の画像探し

男性は女性と違い、ミディアムやロングといっても、長さはそこまで長いわけではありません。

女性のミディアム、ロングといった基準で調べても、思った画像がなかなか出て来ないことが多いので、ここである程度の基準を説明します。

ベリーショート

主に刈上げです。

横が地肌の見えるくらいのショートで、上も立つくらい、前髪も上に上がっていたり、刈られていたりしています。

簡単な基準としては、バリカンを使う長さだと思っていただければ結構です。

ベリーショートの中にもある程度長短はありますが、すっきりしたいあなたは「ベリーショート」で探していただければすぐに見つかります。

ショート

耳にかからないくらいのショートスタイルです。

襟足も基本的には襟につかない、一番よくこの髪型にされるのは、学校の校則で縛られている学生や、営業職などの会社員の方が多いです。

ベリーショートとは違い、横は指でつまめるくらいの長さがあり、耳回りはすっきりしていて、襟足も横に合わせて自然に残っている髪型です。

学生や、営業、身だしなみをきちんと整えつつおしゃれに遊びたい人におすすめの長さです。