ホワイトデーお返しマニュアル!本命にあげてはいけないお菓子とは!?

バレンタインにチョコレートをもらう男性は、きっと少なくはありません。

社会人であれば、まず女性社員から義理チョコを貰うでしょうし、また、学生であれば、同学年の女子からチョコレートを貰うでしょう。

バレンタインデーに貰うお菓子が義理であれ、本命であれ、礼儀としてきちんとしたお返しはしたいところですよね。

さて、お礼とはいいましても、実際お返しするお菓子の種類によって、実は意味があるなんてこと、皆さんは知っていましたか?

僕は去年まで知りませんでしたが、実際指摘されたときに失礼に当たる可能性があると発覚し、今回は皆様にお返しの意味、そして、義理チョコの場合のお返しのおすすめ品、本命チョコを貰った時のおすすめの物、そして行動を発表していきたいと思います。

ホワイトデーのお返しの意味・・・マシュマロ編

甘く柔らかく、そのままでも美味しい、炙ってもおいしいと甘党好きにはたまらないお菓子、それがマシュマロです。

が、どうやらこのマシュマロ、ホワイトデーのお返しの意味としては、一番よくない意味をもっています。

ずばり、「貴方が嫌いです」という意味です。

どうでしょう、知っていましたか?

もしどうしても、マシュマロがいいという人でなければ、ホワイトデーだけは意識的に買わないほうがいいですね。

義理でも本命でも、例え気持ちに答えられなくても、人の好意を嫌いという一言で切り捨てることは、男性としてはやはりよくないです。

例えそんなつもりがなくとも、相手が知っていた場合、結構なショックだと思うので是非気おつけていきましょう。

クッキー編

こちら、もはや定番になりつつあります。

ホワイトデーといえばクッキーですよね。

お菓子としては一番無難であり、また、値段としても高値の物から安いものまで、コスト的にもとても扱いやすいお返しだと思われます。

さて、そんなクッキーの意味とは?

それは、「貴方とは友達です」という意味です。

これはこれは、まさに義理チョコのためのお菓子であるといっていいですね。

値段もリーズナブルであり、意味もとても柔らかく当たり障りのないお返しです。

是非義理チョコのお返しにどうぞ!

キャンディ編

筆者としては、そのことを知るまでキャンディーをお返しにするなんてことは考えたことはありませんでした。

ですが、どうやらこのキャンディ、ホワイトデーに関していえば、とても重要な意味を担っています。

それはこちら、「貴方が好きです」という意味なんです。

まさか、キャンディーが好意を示す一番のお返しだとは知りませんでした。

キャンディというのは、口の中に残り、長く味わえる。

そこから、長く付き合いたいという連想ができるわけです。

ですが、個人的にはやはりお返しにキャンディだけでは物足りなさを感じます。

また、女性の、特に本命のチョコレートをくれた女性に対し、意味は確かに間違ってはいませんが、キャンディだけをお返しするのはどうにも納得できません。

もし本命の女性が読者の方もお近づきになりたいと思っているならば、是非キャンディにプラスアルファでプレゼントを贈りましょう。

そのほうが必ず貴方の真剣な思いは伝わります。

モテる男のお返し術・・・義理チョコ編

では、ここまでである程度お返しの品に関する知識を知ってもらったことで、ここからはお返しする際に気をつけたいことを書いていきましょう。

義理チョコは感謝の気持ち

義理チョコというのは、普段からお世話になっていて、感謝の気持ちを込めたものであることが多いです。

なので、もし頂いたときは、むげにはせずにちゃんと誠意を込めてお返しをしましょう。

感謝の気持ちではありますが、ちゃんと一人ひとり頂いたものを確認し、もれなくお返しできるようにしましょう。

そこでお返しがないというのは、これからの人間関係においてプラスになることは全くありませんし、やはりモテる男というのはいつでも紳士であることが第一条件だと思います。

義理だからといって適当にならないよう、お返しの際に感謝を込めて、笑顔で渡しましょう。

義理チョコへのお返しは差をつけないで

このことに関しましては、特に社会人や学生の方に注意してほしいところであります。

男性で集団生活をしている場合、きっと女性によってはかなり差のある義理チョコがくるでしょう。