LINEでブロックされないための2つのコツ

あなたは、意中の人とのコミュニケーションをどのような方法でやり取りしていますか?

学校や、仕事場などで直接話ができればベストなのですが、恥ずかしくて話ができない又はクラスや部署、会社が違うなど様々な理由から普段はなかなか話せない、話す機会がない方もいると思います。

普段話ができていても、意中の人とは家でもコミュニケーションを取りたい、何をしているのか知りたいなどと思いをはせるものです。

LINEでブロックされないためのコツ

今はコミュニケーション手段も豊富で、家にいても、どこにいても連絡を取り合える様々なコミュニケーションツールが存在しています。

「Twitter」「Facebook」「LINE」「メール」などその他いろいろありますが、今回はLINEをピックアップしたいと思います。

いまや、LINEのアカウント数は、60万人を超えたとされています。

メッセージのやり取り・無料通話まで出来る便利なコミュニケーションツールの1つです。

そんな便利なLINEも、一歩間違えると意中の人と連絡が取れなくなってしまいます。

LINEにはブロックという機能がついていて、一旦相手にブロックをされてしまうと相手が解除しない限り、やり取りができなくなるといった機能を備えているのです。

ブロックをされてしまってからでは、再度連絡取るのは難しくなってしまいます。

では、どうしたらブロックされないようにスマートなやり取りが出来るのか、どのようなやり取りが意中の人に不快感を与えずに楽しいやり取りができるのかポイントを知っておきましょう。

しつこいLINEはNG!相手に干渉しすぎてはダメ!

意中の人が、「何をしているのか」「どこにいるのか」「誰といるのか」どうしても気になってしまうのが恋心です。

ですが、相手に干渉しすぎてはいけません。

「今何をしているの?」「忙しい?」といったような、お伺いメッセージ程度なら問題はないとおもいます。

しかし、気をつけなければいけないのは、一方的な質問攻めのようなやり取りです。

メッセージを受信したとき、「忙しい」「仕事中」「移動中」といった状況だとしたら、どうでしょう?

「忙しいのに・・」「何度もなに?」と不快感を与えかねません。

相手の状況・気持ちを考えて、メッセージを送るスキルを身に着ける必要があります。