女性ウケする香水の香り4タイプ!フローラル・シトラス・オリエンタル・シプレでおすすめの香水は?

匂い・香りには、人の印象を裏付けるような、人を惹きつける力があり、中でもメンズのフレグランスには、清潔感を醸し出させるといった香りが多数存在します。

存在感を出させる強い香りから、ナチュラルな爽やかなイメージを出す香り、マイルドなおっとり和やかなイメージを彷彿とさせる香りなど、幅広い域での香水が男女ともに使われています。

元々は、女性の間でのシェアがほとんどであった香水が、今では男性の間で使われるのを好まれている女性が増えてきているのも事実であり、”女性にモテる”ためには、そういった香水の用途や特徴を知るのは必要不可欠であることは間違いないでしょう。

ここでは、そんなシェアに困っている男性陣が、少しでも香水を使ってみたい、と思わせるために、香水の香りがもたらす効果からの印象づけを分かりやすく、徹底的にご紹介していきますので、ぜひチェックをしてみてください。

フローラル

主に花の香りのことを指し、女性向けの香水の原点とも言われます。

単独の花や、複数の花の香りをブレンドしたものも存在し、女性らしい可愛らしさを表現しているのが特徴です。

また、果物系といったフルーティな香りも混ぜ合わせるといった、甘い香りも特徴の一つであり、これはユニセックスというよりほとんどが女性ユーザーへ傾いています。

他にも、エキゾチックな雰囲気を漂わせるフローラルオリエンタル、濃厚な甘さで大人っぽさを漂わせるスイート、体に馴染んだ自然な匂いを組み合わせたアルデハイディックなど、様々な系統の香りがあるので、柔らかな印象をつけるのには最適です。

フローラル系の人気メンズ香水は、ブルガリの「プールオム・オードトワレ」。

いまずもがな、ブルガリの香水は絶大な人気を誇っています。

ライムやグレープフルーツ、レモンなどの柑橘類の香りが、主な特徴となっています。

シトラス

フレッシュな上に少々の甘さを供えて、爽やかなイメージをつけることができる、ユニセックスな香りが主な持ち味ともいえます。

男性でいえば、カジュアルな服装に合わせれば、少し大人びた印象もあれば、甘い香りをブレンドすれば遊び心も添えることも可能です。

ただし、つけすぎれば濃くキツい香りにもなり兼ねないので、注意が必要です。

シトラス系の人気メンズ香水は、アンセンサの「ウルトラマリン」。

クセがなく、爽やかさが突き抜けていて一番使いやすいと評判です。

シナモンやクローブのスパイスを使った、エキゾチックな香りのオリエンタル(東洋)のイメージが強い香りです。